• 佐藤 和弘

「守り」から「攻め」の採用のマネジメントへ


これから熾烈になる医療現場のタレント競争時代。地域の2:6:2の推進派に当たる医療者に、医療機関がいかに選んでもらうか。


まだ医療機関側が、自分たちが選ぶ立場だと考えていると、もはや地域の推進派医療者に見向きもされなくなってくるかもしれない。その恐ろしさを理解すれば、今すぐに本気で「攻め」の採用のマネジメントに取り組まざるを得ない。熾烈なタレント競争時代は、先行者利益の世界である。





© 2013 by Kazuhiro Sato