• 佐藤 和弘

「性弱説」に基づく「劣等感」

組織においても、「性弱説」に基づく「劣等感」の観点は重要。


人は本来弱い生き物であるからこそ、推進派は自らの行動を通じて劣等感を克服しようとし、慎重派は他者の真似をして劣等感を和らげようとし、抵抗派は他者を否定することで自分を肯定して劣等感を隠そうとする。

© 2013 by Kazuhiro Sato