top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

「手段としての◯◯思考」によって未来を想像していく

Afterコロナにますます加速するであろうテクノロジーの時代において、医療者(人間)のスキルと人工知能(やロボット)の関係に関する未来を想像しておくことは、変化に適応するために大切です。


人工知能は、高度な推論(例えば医療の診断など)よりも、「画像を認識する」「物をつかむ」といった子どものできることほど難しい。その理由を


「理屈で説明するのが難しいから」


ととらえてみると、基本的にテクニカルスキルのほうがノンテクニカルスキルよりもテクノロジーに代替される可能性が高くなるかもしれません。


例えば、普段の人間関係ひとつとっても分かるように、


「なぜ◯◯さんがニガテなの?」 「なんとなく・・・」


といったように、理屈で説明しにくい、言い換えれば不確実性が高いノンテクニカルな問題は、テクニカルな問題よりもテクノロジーによって解決しにくいのではないでしょうか。


この人と人の直接の関わり合いという人間関係もさることながら、人が集まり組織ができることによって生まれる「空気」は、目に見えないだけにさらに不確実性が高く、理屈で説明することが難しいと言えます(もちろん、ノンテクニカルスキルは、その空気を理屈で説明しようと努力するものではありますが)。


一方で、医療は医療者が持つテクニカルスキルをノンテクニカルスキルによって患者さんに届ける、つまり、


医療者(A地点) ノンテクニカルスキル 患者さん(B地点)にテクニカルスキルが届く


ことだととらえてみると、従来、A地点からB地点にテクニカルスキルを届けるために求められていたノンテクニカルスキルが、テクノロジーに代替されるということも想定できます。


医療者(A地点) テクノロジー 患者さん(B地点)にテクニカルスキルが届く


したがって、テクノロジーの時代において、「どのようなテクニカルスキルやノンテクニカルスキルがテクノロジーに代替されていくのか?」、言いかえれば、「どのようなテクニカルスキルやノンテクニカルスキルがテクノロジーに代替されない(されにくい)のか?」を考えながら、未来の変化に適応するために、「スキルセットの再構築」をしていくことが大切になります。


ただ、このように考えると、医療者(人間)のテクニカルスキル vs 医療者(人間)のノンテクニカルスキル、医療者(人間)のスキル vs テクノロジー(人工知能やロボット)といった対立構造にとらえてしまいがちですが、全ては患者さんをハッピーにするという目的のための手段です。したがって、これら「手段の目的化による対立構造」を解消するために、


「手段としてのテクニカルスキル」 「手段としてのノンテクニカルスキル」 「手段としてのテクノロジー(人工知能やロボット)」


といったように、「手段としての◯◯思考」によって未来を想像していくことも大切になります。

Recent Posts

See All

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル33

「あれとこれをつなげる伏線回収のマネジメント」 人はストーリーを通じて物事を理解し納得する生き物ととらえてみると、スタッフの理解と納得感を高めるために大事なことは、「伏線回収のマネジメント」である。ある取り組みという伏線は、それによって小さな成功を実感した時に初めて回収できる。伏線だけではスタッフの不安や不満が高まりやすいし、回収できたとしても、それがどの伏線の恩恵なのかがつながらなければ、(取り

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル32

「組織の中の個人としての3つの選択肢」 組織の中で個人として過ごすうえで、スタッフには3つの選択肢がある。1つ目は「改革する」、2つ目は「順応する」、3つ目は「辞める」。組織には変わり続けることが求められるが、それはあくまでも組織としてであって、スタッフ1人ひとりは「改革する」以外の選択肢も選ぶことができる。医療者側が働く場所(医療機関)を選ぶ「働き手不足の時代」は、3つ目の選択肢のハードルも低く

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル31

「沈黙という同調力」 多数派である慎重派が組織の中で自分(たち)を守るために用いる力が、「沈黙という同調」である。推進派の意見でも抵抗派の意見でも、それらの意見に対して「何も言わない」という態度を取ることによって、たとえその意見に基づき行動した結果失敗したとしても、「私はあの意見に賛同したわけではなかった」と主張することができる。沈黙という同調という態度は他者から見れば賛同したように一見すると見え

Kommentarer


bottom of page