• 佐藤 和弘

「手段としての◯◯思考」によって未来を想像していく

Afterコロナにますます加速するであろうテクノロジーの時代において、医療者(人間)のスキルと人工知能(やロボット)の関係に関する未来を想像しておくことは、変化に適応するために大切です。


人工知能は、高度な推論(例えば医療の診断など)よりも、「画像を認識する」「物をつかむ」といった子どものできることほど難しい。その理由を


「理屈で説明するのが難しいから」


ととらえてみると、基本的にテクニカルスキルのほうがノンテクニカルスキルよりもテクノロジーに代替される可能性が高くなるかもしれません。


例えば、普段の人間関係ひとつとっても分かるように、


「なぜ◯◯さんがニガテなの?」 ↓ 「なんとなく・・・」


といったように、理屈で説明しにくい、言い換えれば不確実性が高いノンテクニカルな問題は、テクニカルな問題よりもテクノロジーによって解決しにくいのではないでしょうか。


この人と人の直接の関わり合いという人間関係もさることながら、人が集まり組織ができることによって生まれる「空気」は、目に見えないだけにさらに不確実性が高く、理屈で説明することが難しいと言えます(もちろん、ノンテクニカルスキルは、その空気を理屈で説明しようと努力するものではありますが)。


一方で、医療は医療者が持つテクニカルスキルをノンテクニカルスキルによって患者さんに届ける、つまり、


医療者(A地点) ↓ ノンテクニカルスキル ↓ 患者さん(B地点)にテクニカルスキルが届く


ことだととらえてみると、従来、A地点からB地点にテクニカルスキルを届けるために求められていたノンテクニカルスキルが、テクノロジーに代替されるということも想定できます。


医療者(A地点) ↓ テクノロジー ↓ 患者さん(B地点)にテクニカルスキルが届く


したがって、テクノロジーの時代において、「どのようなテクニカルスキルやノンテクニカルスキルがテクノロジーに代替されていくのか?」、言いかえれば、「どのようなテクニカルスキルやノンテクニカルスキルがテクノロジーに代替されない(されにくい)のか?」を考えながら、未来の変化に適応するために、「スキルセットの再構築」をしていくことが大切になります。


ただ、このように考えると、医療者(人間)のテクニカルスキル vs 医療者(人間)のノンテクニカルスキル、医療者(人間)のスキル vs テクノロジー(人工知能やロボット)といった対立構造にとらえてしまいがちですが、全ては患者さんをハッピーにするという目的のための手段です。したがって、これら「手段の目的化による対立構造」を解消するために、


「手段としてのテクニカルスキル」 「手段としてのノンテクニカルスキル」 「手段としてのテクノロジー(人工知能やロボット)」


といったように、「手段としての◯◯思考」によって未来を想像していくことも大切になります。

Recent Posts

See All

メタバースという流行り言葉の背景には、「非現実世界(バーチャル)を現実世界(リアル)に近づけていきたい」という、人間の自然な欲求があるように思います。 あくまでも、僕らが日々生活しているのは、今この瞬間も目の前に見えている現実世界であり、いかにこの現実世界を心身ともに豊かに過ごすかは、誰しもが関心を持つことだと言えます。 その上で、テクノロジーの進化によって、従来の文字や音声の世界から、画像や動画

「問題を正しく解決するよりも、正しい問題を解決することが大事」 もちろん、「問題を正しく解決する」ことも「正しい問題を解決する」ことも、両方大事です。ただ、正しい問題において間違った対策を実行すれば「解決できなかった」だけで終わるかもしれませんが、間違った問題を正しく解決しようとしてしまうと、本当の問題が解決しないだけでなく、それによって別の問題が起こってしまうかもしれません。その意味では、上記の

昨今、「パーパス(経営)」といった言葉が流行っています。「存在意義」と訳されることもあるパーパスですが、これは本来は「目的」という意味になります。経営単位であれ個別業務単位であれ、ある活動は目的を実現するための手段ですから、「何のためにその活動を行うのか?」という目的を押さえることは、これまでも、そしてこれからも重要であり、本来は普遍的なことです。 では、なぜ、このような整理をしたのかというと、と