• 佐藤 和弘

「本来推進派にあたるはずのスタッフが、抵抗派の仮面を被せられてしまう」という状況

組織変革の観点から見えてくる1つの悲劇は、本来推進派にあたるはずのスタッフが、「このままでいい」「変わりたくない」「新しいことをやりたくない」といった現状満足の(ネガティブな)空気に支配されている組織の中では、逆に抵抗派としてとらえられてしまいかねない、ということです。


一般論として、本来抵抗派にあたるスタッフの立場からすれば、自分が抵抗派であると自覚してはいないと考えるのが自然でしょう。そしてむしろ、居心地が良い現状満足の空気に水を差すスタッフこそが抵抗派であるととらえてしまうことも、やはり自然なことかもしれません。


「抵抗派」と一言で言っても、変化に適応しようという空気が広がっている組織において抵抗派としてとらえられるのと、現状満足の空気に支配されている組織において抵抗派としてとらえられてしまうのでは、その意味合いは大きく異なります。おそらく、後者は前者に比べて、強烈な排除の論理が働きやすいはずです。


現状満足の組織において、本来推進派にあたるはずのスタッフが抵抗派としてとらえられ、排除の論理が働き、その圧力に押され、落胆してバス(組織)から降りていく。こうして、「本当に頑張っているスタッフが報われない」事実が出来上がり、それを側で見ていた慎重派の「沈黙という同調」がさらに強まってしまう。これが、現状満足の空気が現状満足の空気をつくる(一つの)メカニズムなのかもしれません。だからこそ、


「本来推進派にあたるはずのスタッフが、抵抗派の仮面を被せられてしまう」


このような状況に追い込まれるスタッフを増やさないようにしなければなりません。

Recent Posts

See All

メタバースという流行り言葉の背景には、「非現実世界(バーチャル)を現実世界(リアル)に近づけていきたい」という、人間の自然な欲求があるように思います。 あくまでも、僕らが日々生活しているのは、今この瞬間も目の前に見えている現実世界であり、いかにこの現実世界を心身ともに豊かに過ごすかは、誰しもが関心を持つことだと言えます。 その上で、テクノロジーの進化によって、従来の文字や音声の世界から、画像や動画

「問題を正しく解決するよりも、正しい問題を解決することが大事」 もちろん、「問題を正しく解決する」ことも「正しい問題を解決する」ことも、両方大事です。ただ、正しい問題において間違った対策を実行すれば「解決できなかった」だけで終わるかもしれませんが、間違った問題を正しく解決しようとしてしまうと、本当の問題が解決しないだけでなく、それによって別の問題が起こってしまうかもしれません。その意味では、上記の

昨今、「パーパス(経営)」といった言葉が流行っています。「存在意義」と訳されることもあるパーパスですが、これは本来は「目的」という意味になります。経営単位であれ個別業務単位であれ、ある活動は目的を実現するための手段ですから、「何のためにその活動を行うのか?」という目的を押さえることは、これまでも、そしてこれからも重要であり、本来は普遍的なことです。 では、なぜ、このような整理をしたのかというと、と