• 佐藤 和弘

「美しい言葉(ビッグワード)」に逃げず「普通の言葉(スモールワード)」を使って考える

平時の医療において、スタッフ1人ひとりの本当の「生の声」を聴くことは難しい。


ムラの住民として暮らすスタッフにとってみれば、万が一自分の「生の声」が他のムラ人に漏れ、ムラの非公式の掟に反する(空気を乱す)と判断されてしまうと、そこで生活できなくなってしまう。


ムラ人は、そのことを普段の生活で嫌というほど理解しているから、有事であればまだしも、何事もない日々を過ごす平時において、わざわざそのようなリスクを負うメリットはない。したがって、あくまでも本人にとっては「合理的」に口をつぐむのであって、自分の身を守るためには賢い(そして自然な)選択なのである。


だからこそ変革リーダーは、それらを理解せずに、簡単に「スタッフの心理がわかる」と考えないことが肝要である。ただ、もちろん、「スタッフの心理はわからない」ということは、「スタッフの心理をわかろうとしなくていい」ということではない。わからないからこそ、わかるためにもがかなければならない。


そして、そのために大事なことは、「美しい言葉(ビッグワード)」に逃げず、「普通の言葉(スモールワード)」を使って考えること。リーダーとしての自覚を持つほどに忘れてしまいがちな、その「普段の言葉」にこそ、組織の空気の正体に近づく重要な気づきが隠されている。

Recent Posts

See All

「誰から学ぶのか?」から脱却するための自己紹介の定番のセリフ

講演で自己紹介を終える際に、定番と言ってもいいセリフがあります。それは、「僕が誰かというのは重要じゃなくて・・・」というセリフです。 たしかに、一般的に教育において、「誰から学ぶのか?」という視点は大事です。ただ、僕が提供しているノンテクニカルスキルの組織学習において大事なことは、あくまでも「誰と学ぶのか?」であり「何を学ぶのか?」であり「どのように学ぶのか?」です。 なぜならば、当然ながら現場の

組織の2:6:2の法則は個性のマネジメント

変革リーダーが自ら迷子にならないための羅針盤である組織の2:6:2の法則。僕はこれらを推進派、慎重派、抵抗派と呼んでいますが、このように分けると、ともすると善し悪しでとらえてしまうかもしれません。しかし、組織の2:6:2の法則は、善し悪しではなく、「人は本来弱い生き物である」という前提で使わなければ、リーダー自身が迷子にならないための羅針盤でありながら、その羅針盤を使うことによって迷子になってしま