• 佐藤 和弘

「行動し続ける組織」へと導く

変化に適応する組織とは、あるべき姿と現状のギャップを埋める(埋め続ける)組織であるととらえていますが、僕自身は基本的に、ある問題設定型の問題解決での一度の取り組みにおいては、成果、つまり実際に【あるべき姿】(旅の目的地)にたどり着くことができたかどうか自体には、それほど関心を持っていません。


もちろん、一度であるべき姿にたどり着くにこしたことはありませんし、それができれば素晴らしいですが、あくまでも実際に取り組むのが感情を持った人間である以上、いくら正しいと思える問題解決プランを実行しても、必ずしもうまくいかないと考える方が自然であると言えます。むしろ、うまくいかないことのほうが多いかもしれません。


このような情理のリアリズムを前提にすると、一度の成果に一喜一憂するよりも、実際に「行動し続けているか」どうかが重要であることがわかります。


【あるべき姿】を決めたら、そこに向かって行動し続けているかどうか。たとえそれが三歩進んで二歩下がっていても、たとえ道を間違えたとしても、遠回りをしていたとしても、組織全体で歩みを止めずに進み続けているかどうか。それができていれば、いずれは【あるべき姿】にたどり着くことができるはずです。


だからこそ変革リーダーは、一度の取り組みの成果そのものにこだわり過ぎてしまい、結果的に組織全体の失敗体験につながってしまわないように、旅の途中途中において、丁寧にポジティブな意味づけをしながら小さな成功をつくり、それを組織の原動力にしながら、「行動し続ける組織」へと導いていくことが大切だと言えます。

Recent Posts

See All

リーダーが「あっちに行きましょう!」と旅の道筋を示した時、スタッフのフォロワーシップで大切なのは「一旦だまされたと思ってついて行ってみる」ことだと言えます。 結局、何が正しいかは実際にやってみなければわからないというのは、多くの人が納得することではないかと思います。「これはいける!」と思ったことが上手くいかなかったと思えば、「これは無理だろう・・・」と思ったことが案外上手くいったり。 もちろん、だ

立場(地位や職位、権限)によらずに誰かを動かす時、その人はリーダーでありリーダーシップを発揮していることになりますが、それ以前に、そもそも自分自身をリードしている(自分に対してリーダーシップを発揮している)と考えることもできます。このように、 「リーダーシップは自分自身に向けることから始まる」 ととらえると、自らが行動するモチベーションを維持するために「安心感の醸成」が大切になります。 そして、そ

組織変革と空気のマネジメントの観点から言えば、ヨソ者の本質的な価値は「餅は餅屋」の専門性にあるのではなく、ムラ(組織)の住民ではないこと、つまりヨソ者であること自体にあります。 たとえリーダーであっても、同じムラの住民ですから、日々の暮らしの中でのさまざまな交流を通じて、他の住民(スタッフ)との関係性が出来上がっています。 もちろん、信頼されている、仲が良いといった関係性だけを見ると良いことのよう