• 佐藤 和弘

あえてボトムアップの組織変革にこだわり推進している理由

ノンテクニカルスキルを「組織で問題解決する技術」と表現し、トップダウンの組織変革が重要であることは百も承知のうえで、あえてボトムアップの組織変革にこだわり推進しているのは「患者さんは今この瞬間も現場にいる」からです。


患者さんの半径5メールにいるのはスタッフであり、患者さんが「今」求めていることにすぐに応えなければならない。それができなければ、いくら壮大な美しいビジョンを描いたとしても、極論すれば、スタッフも患者さんも「私たちが今求めてるのは)そこじゃない問題」を(心の中で)突きつけるだけです。


患者さんの半径5メートルに近い人ほど、患者さんやスタッフのリアルな苦悩がよくわかります。そして、その苦悩は、10年、5年、1年先ではなく、今この瞬間に何とかしたい(して欲しい)と考えています。だからこそ、今この瞬間から組織であるべき姿と現状のギャップを埋める行動が求められるのです。


しかし、そのような行動は、往々にして合成の誤謬、群盲象を評す、木を見て森を見ずになりがちで、今日明日は良くても、1年、5年、10年と時が過ぎるほどに、本来の目的地と現在地がずれていってしまいがちです。


したがって、これも結局はトップダウンとボトムアップの両利きの組織変革が必要になるわけで、あとは「時と場合と人の問題」、つまり、どちらからどう取り組むかが論点になります。だからこそ、右利きや左利きの人が、利き手ばかりを使ってしまうことにならないようにしなければなりません。

Recent Posts

See All

先日は、玉名市包括支援センター主催のオンライン研修「チームを動かすノンテクニカルスキル研修」で講演しました。 全2回のシリーズで、第1回の今回のテーマは「最強の問題解決の技術」。 メインはもちろん問題解決プランを作成し学び合うセッションなのですが、一般論として、このようなセッションを通じて実感してもらいたいことは、やはり「共通言語」の大切さについてです。 例えば2W1Hが共通言語になっている議論(

先日は、北陸大学医療保健学部の科目「地域チーム論」において、「チーム医療に必要なノンテクニカルスキル」というテーマで講義しました。対象は臨床検査技師・臨床工学技士のダブルライセンス取得を目指す大学4年生で、講師はオンラインでの講義でした。 一般論として、医療者が現場のリアリズムを特に実感するタイミングはいくつかあるのでしょうか。例えば、現場スタッフ(プレーヤー)から管理者(マネジャー)になったタイ

リーダーが「あっちに行きましょう!」と旅の道筋を示した時、スタッフのフォロワーシップで大切なのは「一旦だまされたと思ってついて行ってみる」ことだと言えます。 結局、何が正しいかは実際にやってみなければわからないというのは、多くの人が納得することではないかと思います。「これはいける!」と思ったことが上手くいかなかったと思えば、「これは無理だろう・・・」と思ったことが案外上手くいったり。 もちろん、だ