• 佐藤 和弘

きいれ浜田クリニックDay8で講演


VUCA→PEST→変化に適応する組織=あるべき姿と現状のギャップを埋め続ける組織という流れから、組織変革の文脈でノンテクの復習レクチャー。次に、各部署の問題設定型の問題解決の結果共有とフィードバック。


そしてメインセッションは、トップが、来年の春に建設予定のクリニック新館のビジュアルと、喜入地域のなかでクリニックがどのような存在でありたいのか、そのコンセプトへの熱い想いを語った。


ノンテクによる組織変革を推し進めている医療機関や介護施設がこぞって進め始めている「ビジョンの映像化」。そのなかで、ビジョンの延長線上にあり、今後何十年とその象徴となる新館建設は、ビジョンの映像化なんてレベルではない、ビジョンの具現化である。組織変革において、スタッフの方々が日々過ごす仕事環境が変わるというのは、極めて重要なメッセージになる。このチャンスを逃しては、次はないかもしれない。


だが、一般的に陥りがちな罠は、施設(ハード)の変革に前倒しした組織(ソフト)変革を怠ってしまうこと。組織文化は長年かけなければ変わらないのに。それに対して、こちらは2年前から組織変革のためのノンテクを組織学習している。このことがどれだけ重要な意味を持つのか、ノンテクを学んでいる組織の変革リーダーにはわかるだろう。


新館という建物の【あるべき姿】は、現状は画像レベルでできている。大事なことはここからで、ではそれに向けて組織の【あるべき姿】はなんなのか。それを部署ごとに描いてもらった。


研修後は、もちろん変革リーダーの方々との延長戦。これだけの人数の変革リーダーに恵まれる法人はなかなかない。他の法人もきっと羨ましいと感じるだろう。

一夜明け、定宿から見ると桜島の噴火が見れました。

Recent Posts

See All

先日は、玉名市包括支援センター主催のオンライン研修「チームを動かすノンテクニカルスキル研修」で講演しました。 全2回のシリーズで、第1回の今回のテーマは「最強の問題解決の技術」。 メインはもちろん問題解決プランを作成し学び合うセッションなのですが、一般論として、このようなセッションを通じて実感してもらいたいことは、やはり「共通言語」の大切さについてです。 例えば2W1Hが共通言語になっている議論(

先日は、北陸大学医療保健学部の科目「地域チーム論」において、「チーム医療に必要なノンテクニカルスキル」というテーマで講義しました。対象は臨床検査技師・臨床工学技士のダブルライセンス取得を目指す大学4年生で、講師はオンラインでの講義でした。 一般論として、医療者が現場のリアリズムを特に実感するタイミングはいくつかあるのでしょうか。例えば、現場スタッフ(プレーヤー)から管理者(マネジャー)になったタイ

現在、ノンテクニカルスキルの双方向型オンラインセミナーをシリーズで構想しています。 2W1Hなどの基本的な個別スキルだけでなく、問題解決の六大大陸や人材マネジメントの全体像、組織変革と空気のマネジメント、双方向型オンライン研修の方法など、さまざまなテーマをご用意しようと考えています。 基本的に、院内研修(組織学習)の場合は、「大事なことに順番を決める」、つまり組織で反復練習するために、個別スキルの