• 佐藤 和弘

こぼり園ノンテク研修Day7で講演


まずは現場スタッフの方々が自ら問題解決していく必要性について共有した後、現場で起こっているけれど、実は知らない(気づいていない)スモールウィンを部署横断的に共有するために、スモールウィンの自部署自慢を披露。


そして、トップからビジョンとその背景について説明。このビジョンへ向けた手段として行っている各部署の業務改善の取り組みを全体共有してもらい、そこからの気づきやヨソ者からのフィードバックで学びを深めた。


その各部署の業務改善は、ある定量的な指標をもとにした成果が量産されており、これらを合計すれば、他の施設が驚き羨むであろう膨大な成果をつくりだしている。


どうやって、変化に適応する組織(あるべき姿と現状のギャップを埋める組織)に変革するか。それは、突き詰めると「皆で(足並みを揃えて)問題解決をし続ける」ことに尽きる。個別にやるのではない。とにかく皆でやる。あくまでも、空気は「誰か」ではなく皆でつくるものである。

Recent Posts

See All

群馬県病院局職員研修【ノンテクニカルスキル管理職編】で講演

群馬県病院局職員研修【ノンテクニカルスキル管理職編】で講演しました。研修方法は双方向型オンライン研修(分散ハイブリッド型)で、テーマは「人材マネジメントに必要な仕組みと問題解決」。 テクニカルスキルとノンテクニカルスキルの関係や問題解決とは何か、ノンテクニカルスキルの重要な個別スキル、2種類の問題解決、そして問題解決の六大大陸(世界地図)に関して確認し、人材マネジメントの全体像や空気のマネジメント

群馬県病院局職員研修【ノンテクニカルスキル基礎編】で講演

群馬県病院局職員研修【ノンテクニカルスキル基礎編】で講演しました。群馬県には、心臓血管センター、がんセンター、精神医療センター、小児医療センターの4つの県立病院があります。 研修方法は双方向型オンライン研修(分散ハイブリッド型)、テーマは「ノンテクニカルスキルの基本的な考え方と医療現場での使い方」ー多職種で学ぶ組織で問題解決する技術ー。 ノンテクニカルスキルの重要な個別スキルを学び、グループで問題