top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

さわらびノンテク研修Day2で講演


問題解決シート部署対抗戦の結果発表のあと、こちらはDay2から問題設定型の問題解決へ。


問題発見型の【あるべき姿】は「やるべき姿」。対して、問題設定型の問題解決の【あるべき姿】は「ありたい姿」。同じ【あるべき姿】でも、両者の意味合いは180度異なる。


後者のスローガンは、「自分たちの未来は自分たちで創る」。変化に適応する組織とは、これを面白がり楽しむ組織を意味する。

Recent Posts

See All

Magic Shiels主催オンラインセミナーで講演しました

昨日は、Magic Shiels主催オンラインセミナーで講演しました。先月の基本編に続き、医療安全のためのノンテクニカルスキル導入編。組織変革と空気のマネジメントについてや、ノンテクニカルスキルを組織に導入するための仕組みづくりのポイント、生成AIとノンテクニカルスキルの関係性などについてお伝えしました。 組織変革と空気のマネジメントに関連するのですが、「逆ドミノ倒し現象」と呼んでいる考え方があり

Magic Shields主催オンラインセミナーで講演しました。

先日は、Magic Shields主催オンラインセミナーで講演しました。テーマは「医療安全のためのノンテクニカルスキル基本編」。 いつもノンテクニカルスキルの4つの領域としてお伝えしている「考える力」「伝える力」「決める力」「動かす力」。医療安全においても、 【考える力】 思い込み 思い間違い 認識間違い など 【伝える力】 伝え間違い(伝達ミス) 伝えたのに伝わらなかった など 【決める力】 組

Comments


bottom of page