• 佐藤 和弘

なぜあえて組織を2:6:2に分けるのか

なぜあえて組織を2:6:2に分けるのか。


組織全体をただ見ても平均的なスタッフなんていないが、スタッフを個別に見ると複雑過ぎて対応しきれないから。


組織を捉えるための、平均でも個別でもない最適な視点が推進派・慎重派・抵抗派。

© 2013 by Kazuhiro Sato