• 佐藤 和弘

ひろやす荘ノンテク研修Day5で講演


全国の医療介護施設における問題解決シート枚数の絶対王者は、この一年で7,800枚超という圧巻の結果。


そして、前回からの問題設定型の問題解決も、各部署最寄駅へと確実に近づいているなか、全ての医療介護施設がこれから本格的に向き合わざるを得ない「業務改善」の問題解決へと、これから前進していく。


現場の生産性を高めるためには、極論3つの方法しかない。

①人を増やす ②能力を高める ③業務を改善する


ただ、残念ながら労働人口が減少するなかでは人を増やすのは難しいし、人の能力を高めるにも限界があるから、それらの問題解決をしながらも、結局は業務改善をしていくしかない。業務とは行動のための仕組みである。自分たちの行動を変えなければ【あるべき姿】を実現できないが、業務を変えなければ行動は変わらない。つまり、業務改善の本当の意味は、「行動改善」に等しい。


その業務改善も、本来はテクノロジーによる「自動化」が本質的な解であるが、まずは人力による「仕組み化」に取り組まざるを得ない。千里の道も一歩からである。


そして、よくある業務改善の取り組みが頓挫する理由も、ノンテクを学んでいればわかるはず。ノンテクという翻訳装置が組織になければ、業務改善は単なるスローガンで終わる。

Recent Posts

See All

先日は、玉名市包括支援センター主催のオンライン研修「チームを動かすノンテクニカルスキル研修」で講演しました。 全2回のシリーズで、第1回の今回のテーマは「最強の問題解決の技術」。 メインはもちろん問題解決プランを作成し学び合うセッションなのですが、一般論として、このようなセッションを通じて実感してもらいたいことは、やはり「共通言語」の大切さについてです。 例えば2W1Hが共通言語になっている議論(

先日は、北陸大学医療保健学部の科目「地域チーム論」において、「チーム医療に必要なノンテクニカルスキル」というテーマで講義しました。対象は臨床検査技師・臨床工学技士のダブルライセンス取得を目指す大学4年生で、講師はオンラインでの講義でした。 一般論として、医療者が現場のリアリズムを特に実感するタイミングはいくつかあるのでしょうか。例えば、現場スタッフ(プレーヤー)から管理者(マネジャー)になったタイ

現在、ノンテクニカルスキルの双方向型オンラインセミナーをシリーズで構想しています。 2W1Hなどの基本的な個別スキルだけでなく、問題解決の六大大陸や人材マネジメントの全体像、組織変革と空気のマネジメント、双方向型オンライン研修の方法など、さまざまなテーマをご用意しようと考えています。 基本的に、院内研修(組織学習)の場合は、「大事なことに順番を決める」、つまり組織で反復練習するために、個別スキルの