top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

ウチの家庭(組織)の口に合うように味をアレンジする

「最近話題の◯◯方式を自組織で取り入れたが、なかなか上手くいかないのはなぜ?」


このように、ある組織(施設)で上手く行っている方式や手法などを他の組織が取り入れても同じような成果が得られないといったことは、さまざまな医療現場で繰り返されてきた歴史ではないでしょうか。僕の答えはシンプルで、


「その組織と自組織では、働いている人(スタッフ)も患者さんも環境もやっていることも違うから」


ということです。この考え方を押さえておかなければ、ある方式を取り入れて上手くいかなければ、また別の方式を取り入れるといったことを繰り返した結果、どの方式も組織に定着せず、それどころか「また今度は⬜︎⬜︎方式だって。どうせまた(前みたいに)上手くいかないよ」といったように、過去の失敗体験が未来の成功体験をつくる足かせになるということが起こりかねません。


ある組織で上手くいっている方式なのであれば、おそらく、その方式には何かしらの有意義な特徴があるはずで、問題の原因は、方式自体というより、その方式の取り入れ方、言い換えれば、組織への「馴染ませ方」にあるのではないでしょうか。それぞれの家庭の味が違うように、「ある組織の口に合う味と自組織の口に合う味は違う」ととらえると、大事になるのが、「味のアレンジ」です。


「ウチの組織はこのようなスタッフがいて、このような患者さんに対して、このような環境のなかでこのような業務を行っている。それは、あの組織とはAという部分で違いがある。だから、ウチではAの部分をBのやり方に変えてみよう!」


このように、試行錯誤してアレンジをし、自組織の口に合う方式につくりかえていくのです。そして、だからこそ大事なのが「アレンジの試行錯誤期間を確保しておく」こと。そのためにも、


「まあまあ、騙されたと思ってしばらく続けながら、ウチの組織に合うようにアレンジしていきましょう!」


といったように、リーダーには「健全にごまかす」コミュニケーションが求められます。

Recent Posts

See All

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル13

「知的好奇心の罠」 人が成長するうえで知的好奇心は大切。だが、「知らないことを知りたい」という好奇心があるがゆえに、「すでに知っていることには興味が湧かない」「もっと違うことを知りたい」といった意識につながり、その結果、知っていることが「できるようになる」ための反復練習がおざなりになると、あれもこれも学ぼうとするが、どれもこれも身につかない。医療者は、医療の世界のアスリートとして、学習環境だけでな

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル12

「不変的な共通軸を押さえる力」 新しい言葉(概念)は次々と登場するが、昔からある言葉を言い換えていると言えるものも少なくない。例えば、「理念」は組織全体の「目的」にあたるが、「存在意義」と訳される「パーパス」も、直訳すると「目的」。つまり、これらに対する不変的な共通軸は「目的」である。今後新しい言葉が出てきたとしても、流行り廃りに惑わされず、不変的な共通軸を押さえておくことが大切。

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル11

「空気の支配の恐ろしさ」 目に見えず手も触れられないが人に大きな影響力を与える「何か」、それが空気。空気は、「正しいことができない」「間違っていると分かっていてもやらざるを得ない」状況へと人を陥れてしまう、強大な力を持つ。ムラ(組織)の非公式の掟である空気は、時に公式の掟(制度やルール)よりも優先されてしまい、結果、誰も望まない方向へと全員で向かうことになる。

コメント


bottom of page