top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

チクバ外科ノンテク研修Day20


問題解決の六大大陸で最も重要なのは、言うまでもなく【目的】である。だが、それはあくまでも教科書的な話であり、概念の話に過ぎない。さらにいえば、医療者にとって【目的】は、すでにDNAとして擦り込まれているものであるから、本来はわざわざ言葉にする必要はない。現実の世界で医療を提供する現場にとって本当に重要なのは、未来の現実世界を描く【あるべき姿】である。


つまるところ、問題解決は問題設定で決まり、問題設定は【あるべき姿】で決まる。医療機関の組織変革力の源泉が【あるべき姿】を描く力にあることを、ノンテクを学習し続ける組織は気づいていくだろう。

Recent Posts

See All

Magic Shiels主催オンラインセミナーで講演しました

昨日は、Magic Shiels主催オンラインセミナーで講演しました。先月の基本編に続き、医療安全のためのノンテクニカルスキル導入編。組織変革と空気のマネジメントについてや、ノンテクニカルスキルを組織に導入するための仕組みづくりのポイント、生成AIとノンテクニカルスキルの関係性などについてお伝えしました。 組織変革と空気のマネジメントに関連するのですが、「逆ドミノ倒し現象」と呼んでいる考え方があり

Magic Shields主催オンラインセミナーで講演しました。

先日は、Magic Shields主催オンラインセミナーで講演しました。テーマは「医療安全のためのノンテクニカルスキル基本編」。 いつもノンテクニカルスキルの4つの領域としてお伝えしている「考える力」「伝える力」「決める力」「動かす力」。医療安全においても、 【考える力】 思い込み 思い間違い 認識間違い など 【伝える力】 伝え間違い(伝達ミス) 伝えたのに伝わらなかった など 【決める力】 組

Comments


bottom of page