• 佐藤 和弘

チクバ外科リーダー研修Day23で講演。


今回の2時間弱×2グループ共通のテーマは、「人を動かす難所を理解する」。


人を動かすための方法はマネジメント(組織の仕組み)とリーダーシップ(個人の働きかけ)の2種類あるが、平時においてはマネジメント>リーダーシップであり、有事ではリーダーシップ>マネジメントになることを共有。


したがって、平時の医療ではあくまでもマネジメント>リーダーシップであることを前提にしながら、リーダーシップの観点で人を動かす難所を実例をもとに学びあってもらった。


PDCAを回し続けるうえで、プランを立てる(餅を絵に描く)ことは自分の頭の中で完結できる世界であるため、大したことはない。本当に難しいのは、それを実行するのは、あくまでも様々な性格や価値観、考え方や意見を持っている生身の人間であり、ここに唯一絶対の答えはなく、それぞれに最適解があるということ。だからこそ、それは事例のシャワーを浴びるケーススタディを通じて考える力を身につけるしかない。


様々なケーススタディのなかで難所と乗り越え方(教訓)が得られるなかで、1つ話題に上がったのが、「運と適応」。実際にこれを体験した実例を取り上げながら、いかに運(偶然)をマネジメントするかを議論した。


変化に適応する組織とは、偶然をマネジメントできる組織である。その組織への変革に、リーダーの自己成長を通じて確実に近づいている。これも、点と点を線でつなげている(継続)の力であり、振り返ることができる者だけが見える景色である。

Recent Posts

See All

先日は、玉名市包括支援センター主催のオンライン研修「チームを動かすノンテクニカルスキル研修」で講演しました。 全2回のシリーズで、第1回の今回のテーマは「最強の問題解決の技術」。 メインはもちろん問題解決プランを作成し学び合うセッションなのですが、一般論として、このようなセッションを通じて実感してもらいたいことは、やはり「共通言語」の大切さについてです。 例えば2W1Hが共通言語になっている議論(

先日は、北陸大学医療保健学部の科目「地域チーム論」において、「チーム医療に必要なノンテクニカルスキル」というテーマで講義しました。対象は臨床検査技師・臨床工学技士のダブルライセンス取得を目指す大学4年生で、講師はオンラインでの講義でした。 一般論として、医療者が現場のリアリズムを特に実感するタイミングはいくつかあるのでしょうか。例えば、現場スタッフ(プレーヤー)から管理者(マネジャー)になったタイ

現在、ノンテクニカルスキルの双方向型オンラインセミナーをシリーズで構想しています。 2W1Hなどの基本的な個別スキルだけでなく、問題解決の六大大陸や人材マネジメントの全体像、組織変革と空気のマネジメント、双方向型オンライン研修の方法など、さまざまなテーマをご用意しようと考えています。 基本的に、院内研修(組織学習)の場合は、「大事なことに順番を決める」、つまり組織で反復練習するために、個別スキルの