• 佐藤 和弘

チクバ外科リーダー研修Day24で講演


まずは、ノンテク後輩グループのセッション。問題発見型の問題解決を問題解決シート1.0を使って実戦訓練していくなかでも、あくまでも現実世界の問題解決は現場のなかで行うもの。したがって、「ちょっと今、皆で(現場)を見に行っていいですか?」と、現地に行き現物を見ながら現実の問題解決を議論していった。


次のミドルリーダー(ノンテク先輩)グループは、人を動かす「マネジメント」と「リーダーシップ」の違いを理解しながら、前者の森を豊かにするために、どの木から育てていくべきか、現状での最も優先順位の高い木の選定。そのなかで、ヨソ者が健全な批判をしながら、単なるべき論ではなくミドルリーダーとしての行動計画を立案し共有していった。


ちょうど今朝、倉敷駅からのバスの中で勉強していた「知識人の戦時中の日記」をテーマにした放送のなかで、当時のある作家の「これは物語でなく、行為であり、肉体をもって示された事実なのだ」という一節から、あらためて、現実世界の問題解決とは何かを考えさせられた。

Recent Posts

See All

群馬県病院局職員研修【ノンテクニカルスキル管理職編】で講演

群馬県病院局職員研修【ノンテクニカルスキル管理職編】で講演しました。研修方法は双方向型オンライン研修(分散ハイブリッド型)で、テーマは「人材マネジメントに必要な仕組みと問題解決」。 テクニカルスキルとノンテクニカルスキルの関係や問題解決とは何か、ノンテクニカルスキルの重要な個別スキル、2種類の問題解決、そして問題解決の六大大陸(世界地図)に関して確認し、人材マネジメントの全体像や空気のマネジメント

群馬県病院局職員研修【ノンテクニカルスキル基礎編】で講演

群馬県病院局職員研修【ノンテクニカルスキル基礎編】で講演しました。群馬県には、心臓血管センター、がんセンター、精神医療センター、小児医療センターの4つの県立病院があります。 研修方法は双方向型オンライン研修(分散ハイブリッド型)、テーマは「ノンテクニカルスキルの基本的な考え方と医療現場での使い方」ー多職種で学ぶ組織で問題解決する技術ー。 ノンテクニカルスキルの重要な個別スキルを学び、グループで問題