• 佐藤 和弘

チクバ外科リーダー研修Day27で講演


これだけの段階になると、講師がスライドを使ってレクチャーするといった段階はとうの昔に通り過ぎているので、講演といっても名ばかり。現実の事例に向き合いながら、ひたすら侃侃諤諤と議論していくことを繰り返していく。


現実世界の問題解決は、三歩進んで二歩下がるを繰り返しながら、一歩前進していくのが自然な姿である。


一般的に、医療には「唯一絶対の答えは誰かが知っているはず」といった暗黙の前提があるであろう。しかし、そんなものがあれば皆困ってないわけで、無いからこそ、試行錯誤を繰り返しながら、苦労して最善の答えを探していかなければならない。そして、そのためには、健全な議論を行うための「場」の設計と、議論するための「地図(問題解決の六大大陸)」と、ムラの住民ではない「ヨソ者」の存在が大切である。


そして大事なことは、その「ヨソ者」の使い倒し方。ヨソ者だからこそ言えること(ムラ人だからこそ言えないこと)とは何か。それを理解しながらヨソ者を健全に使い倒せる組織は、結果的にムラ人の生活を豊かにすることにつながる。

Recent Posts

See All

先日は、玉名市包括支援センター主催のオンライン研修「チームを動かすノンテクニカルスキル研修」で講演しました。 全2回のシリーズで、第1回の今回のテーマは「最強の問題解決の技術」。 メインはもちろん問題解決プランを作成し学び合うセッションなのですが、一般論として、このようなセッションを通じて実感してもらいたいことは、やはり「共通言語」の大切さについてです。 例えば2W1Hが共通言語になっている議論(

先日は、北陸大学医療保健学部の科目「地域チーム論」において、「チーム医療に必要なノンテクニカルスキル」というテーマで講義しました。対象は臨床検査技師・臨床工学技士のダブルライセンス取得を目指す大学4年生で、講師はオンラインでの講義でした。 一般論として、医療者が現場のリアリズムを特に実感するタイミングはいくつかあるのでしょうか。例えば、現場スタッフ(プレーヤー)から管理者(マネジャー)になったタイ

現在、ノンテクニカルスキルの双方向型オンラインセミナーをシリーズで構想しています。 2W1Hなどの基本的な個別スキルだけでなく、問題解決の六大大陸や人材マネジメントの全体像、組織変革と空気のマネジメント、双方向型オンライン研修の方法など、さまざまなテーマをご用意しようと考えています。 基本的に、院内研修(組織学習)の場合は、「大事なことに順番を決める」、つまり組織で反復練習するために、個別スキルの