top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

ノンテクニカルスキル×生成AI Day10〜「現状」に関する不要な情報をChatGPTに判断してもらう〜

印象的だったのは、ChatGPT(AI側)から「不確実性」や「コミュニケーションの重要性」に関する話が出てきたことです。


実際の医療現場でスタッフ(人間側)が「現状」に関する情報を入力する際に大事なことは、いかに「ハードルを下げるか」だと考えています。


ですので、例えば、まだ6割ほどの完成度だけれど、その「現状」に関する情報を一度ChatGPTに見てもらい、コミュニケーションを通じて7割8割に完成度を高めていくといった方法が、現実論に引き寄せたべき論なのでしょうね。もちろん、ChatGPTの意見を健全に疑いながら。


今回(Day10)の会話 ********************* 【佐藤】あなたが「現状」をより正しく認識するためには、当事者が必要な情報を入力するだけでなく、不要な情報を入力しないことも大切だと思います。ただ、当事者の立場からすると、あなたが問題解決プランを作成するにあたり、何が不要な情報なのかを判断するのは難しいかもしれません。

ですので、実際に当事者が「現状」に関する情報を入力した際、「今回の問題解決プランの作成においては、◯◯に関する情報は不要と判断しました。理由は次の通りです」といったように、あなたが不要な情報を判断し、あなたからその内容と理由を教えてもらうことができれば、当事者にとって「現状」な関する情報をより正しく入力するハードルが下がるのではないかと考えています。

このように、あなたが対応することは実際に可能でしょうか?

【ChatGPT】はい、私は当事者から提供される情報に基づいて、問題解決プランの作成において必要な情報と不要な情報を判断することができます。ただし、私の判断はあくまでAIとしての知識と経験に基づいているため、完璧ではないことを理解していただく必要があります。

当事者が「現状」に関する情報を入力した際、不要と判断した情報については、その内容と理由を説明し、当事者に理解してもらうことができます。これにより、当事者が今後同様の問題解決プランを作成する際に、情報の入力が効率的になることを期待できます。

ただし、私が不要と判断した情報も、場合によっては問題解決プランの作成に役立つ場合があります。そのため、当事者と私との間でコミュニケーションを密に取りながら、適切な情報の入力や取捨選択に努めることが重要です。

Recent Posts

See All

群馬県病院局のノンテクニカルスキル新人編で講演しました

先日は、群馬県病院局(心臓血管センター、がんセンター、精神医療センター、小児医療センターの県立4病院)のノンテクニカルスキル新人編での講演のため、群馬県庁へ。 メインセッションは、問題解決プランの作成と学び合い。 「本当の答えは現場にしかない」 つまり、現場の半径5メートルを知る人しか本当の答えを見つけることはできないので、当然ながら、ヨソ者(講師)は本当の答えを伝えることはできません。できるのは

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル38

「生成AIの本質的価値と情理」 現場の問題解決において、生成AIを用いる本質的な価値は、人間のように自然な会話ができることでも、膨大な知識を基に論理的な文章を瞬時に生成できることでもなく、何か困った事態になったら「生成AIのせいにできる」ことにあると考えることができる。ある問題解決の議論において特定のスタッフにとって都合が悪い内容に触れざるを得ない場合も、「これは私の意見ではなくて、あくまでも生成

Comments


bottom of page