top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

ノンテクニカルスキル×生成AI Day14〜当事者が小説形式で「現状」を表現するために、ChatGPTがサポートすることは可能か?〜

ChatGPTが問題解決の六大大陸(世界地図)を使って問題解決プランを作成するうえで、当事者(人間側)が「現状」に関する正しい情報を入力する重要性がより明確になってきました。


一方で、当事者(人間側)が自分の力だけで「現状」に関する情報を整理するのではなく、これもChatGPTにサポートしてもらえば、小説形式で表現することに慣れていない当事者にとって、かなりハードルが下がるのではないでしょうか。


考えてみれば、当事者にとってみれば、実際に経験した出来事ですから、誰よりもその出来事を整理することができる立場にいるはずです。ですが、そのためには、例えば文章表現力だったり、概念化(抽象化)力や具体化力など、さまざな能力が求められると言えます。なので、これらの能力が足りなければ、「感覚的にはわかっているのに、それを上手く(他者に)伝えられない」といった難所に突き当たることもあるでしょう。


そのような時、もし自分の不足している能力をサポートしてくれる、言い換えれば、人間の能力を拡張してくれるAIが現場に共存していれば、見えなかった景色も見に行けるようになるのではないでしょうか。


今回(Day14)の会話 ********************* 【佐藤】あなたが医療現場という現実世界で起こった出来事を正しく理解するうえで、現状に関する情報の表現方法における3つの要素の優先順位は以下の通りでした。

1. 箇条書きや項目別で整理された情報 2. 小説形式の表現 3. データや数値を用いた補足情報

この要素の中の「小説形式の表現」において、あなたは以前「小説形式での表現は、ある程度の文才が必要となり、誰もが簡単に書けるわけではありません。そのため、書く側にとっても読む側にとっても、習得や適用が難しい場合があります。」という意見を述べました。おっしゃるように、実際に「現状」に関する情報を入力する場面を想定すると、小説形式で表現することが難しいと感じる当事者も多いのではないかと思います。

ここで大事なことは、仮に小説形式で表現することに慣れていないスタッフ(当事者)であっても小説形式で表現しやすいように、何かしらのサポートが求められるということです。

では、実際に当事者が「現状」に関する情報を入力する際、本人が小説形式で表現しやすいように、あなたがサポートしていくことは可能でしょうか?もし可能であれば、どのようにサポートしていくか、その具体的な方法を教えてください。

【ChatGPT】当事者が「現状」に関する情報を小説形式で表現しやすいようにサポートすることは、私にとっても可能です。以下にいくつかの具体的な方法を提案します。

1. ガイドラインの提供: 小説形式での表現方法についてのガイドラインやチェックリストを提供します。これにより、当事者がどのように情報を整理し、ストーリーを構築すべきかがわかりやすくなります。 2. テンプレートの提供: 小説形式での表現に適したテンプレートを提供します。当事者はこのテンプレートに沿って情報を入力することで、表現が容易になります。 3. インタラクティブな質問: 小説形式での表現を助けるために、インタラクティブな質問を通じて情報を収集します。具体的な事例や状況に関する質問を提示し、当事者が回答することで、自然に小説形式での表現が形成されるようにサポートします。 4. 自動生成された文章の提案: 入力された情報をもとに、私が自動的に小説形式での文章を生成し、提案します。当事者は提案された文章を参考にして、自分の言葉で記述することができます。 5. フィードバック機能: 当事者が小説形式で表現した情報に対して、私がフィードバックを提供します。具体的な改善点やアドバイスを通じて、表現力を向上させるサポートを行います。

これらの方法を組み合わせることで、小説形式での表現が難しいと感じる当事者でも、より簡単に「現状」に関する情報を小説形式で表現できるようにサポートできます。ただし、実際の状況や当事者のニーズに応じて、適切なサポート方法を選択することが重要です。

Recent Posts

See All

実務家の観点では「どちらの自動車(生成AI)が速いか?」より「どこにたどり着けるのか?」

生成AIの進化は目まぐるしく、毎日のように新しい生成AIが世の中に登場します。「スケール則」という考え方があるように、生成AIの開発はパワーゲームの世界で、かつてプラットフォーマーとして台頭した超巨大テック企業が、生成AI時代という新たな時代になっても、凋落するどころかさらに台頭していることは、日々のニュースでも実感できることです。 さらに言えば、言語生成AIの世界的なブームを牽引したChatGP

Comments


bottom of page