top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

ノンテクニカルスキル×生成AI Day21〜「目的」が変われば「あるべき姿」も変わる〜

Updated: Oct 19, 2023

「目的」は1つであるにも関わらず、複数の「あるべき姿」を描くことができるのは、実はそれぞれの「あるべき姿」に対して、個別の「目的」が隠されていると言えるのかもしれません。


そして、本来は「目的」を押さえることによって「あるべき姿」が見えてきますが、逆説的に言えば、その「あるべき姿」特有の「目的」を見つけていく営みを通じて、「目的を押さえるということは、どういうことなのか?」がより理解できるようになるのかもしれませんね。


そして、ChatGPTは、こちらの意図をよく汲み取ってくれる、より正確に言えば、よく汲み取ってくれるように見えますね。


今回(Day21)の会話 ********************* 【佐藤】私は以前、「目的」が変われば「あるべき姿」も変わるということに関して、「日常で例えれば、非日常的な空間で楽しむという『目的』であれば、テーマパークへ行ってアトラクションに乗っている具体的な状態が『あるべき姿』になるかもしれませんが、日常的な空間でのんびり過ごすという『目的』であれば、家で映画を観ている具体的な状態という『あるべき姿』に変わるかもしれません。」とお伝えしました。

このような「目的」と「あるべき姿」の関係性を前提にしたうえで、あなたが「患者の自宅での自己管理能力を高める」という目的に対して、

* あるべき姿A: テクノロジーを用いた自己管理 * あるべき姿B: ヘルスケアプロフェッショナルによる定期訪問 * あるべき姿C: コミュニティベースのサポートグループ

という3種類のあるべき姿を示したのは、「患者の自宅での自己管理能力を高める」という共通点がありながらも、これら3種類の「あるべき姿」には、それぞれ個別の「目的」があると言えるのではないでしょうか。

このことをふまえたうえで、あなたが例に示した上記の内容を、

目的A: あるべき姿A: テクノロジーを用いた自己管理

目的B: あるべき姿B: ヘルスケアプロフェッショナルによる定期訪問

目的C: あるべき姿C: コミュニティベースのサポートグループ

というように、それぞれ個別の「目的」に個別の「あるべき姿」が対応しているように、表現し直してください。

【ChatGPT】指定された3つの「あるべき姿」に対応する個別の「目的」を以下のように考えることができます。

目的A: 患者が自分自身の健康状態を常に理解し、必要な対応を即座に取れるようにする。 あるべき姿A: テクノロジーを用いた自己管理。具体的には、健康管理アプリやウェアラブルデバイスを使って自己モニタリングを行い、自分の健康状態を把握し、必要ならば医療機関とオンラインで連絡を取るといった状態。 目的B: 患者が自分自身の健康状態について専門的な意見やアドバイスを定期的に得ることができるようにする。 あるべき姿B: ヘルスケアプロフェッショナルによる定期訪問。具体的には、看護師や医師が定期的に患者の自宅を訪れ、健康状態のチェックと必要なアドバイスを行うといった状態。 目的C: 患者が自己管理の一部として、互いに支え合いながら健康維持を行えるコミュニティに所属できるようにする。 あるべき姿C: コミュニティベースのサポートグループ。具体的には、地域住民や同じ病気を抱える人々と共に自己管理を学び、情報交換や支援を行うといった状態。

これらの「目的」と「あるべき姿」はそれぞれが一つの側面を補完し合って、より大きな目的である「患者の自宅での自己管理能力を高める」を達成するためのアプローチとなります。

Recent Posts

See All

実務家の観点では「どちらの自動車(生成AI)が速いか?」より「どこにたどり着けるのか?」

生成AIの進化は目まぐるしく、毎日のように新しい生成AIが世の中に登場します。「スケール則」という考え方があるように、生成AIの開発はパワーゲームの世界で、かつてプラットフォーマーとして台頭した超巨大テック企業が、生成AI時代という新たな時代になっても、凋落するどころかさらに台頭していることは、日々のニュースでも実感できることです。 さらに言えば、言語生成AIの世界的なブームを牽引したChatGP

Comments


bottom of page