top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

ノンテクニカルスキル×生成AI Day6〜問題解決プランの自動化テスト(1回目)〜

人間側(僕)が「目的」と「現状」を入力し、ChatGPTに「あるべき姿」「問題」「原因」「対策」を考えてもらう、問題解決プランの自動化テストの1回目を行いました。


もちろん、僕が入力した「現状」の抽象度が高いので、それにもとづいた内容になっていますが、これが「問題解決プランの自動化」のレベル感の出発点になります。ここから、ChatGPTとの会話を深めながら、さらにレベル感をどんどん高めていきたいと思います。


今回(Day6)の会話 ******************** 【佐藤】これまでの私とあなたの議論を前提にしたうえで、今から私がある医療現場の場面を想定して「目的」と「現状」をお伝えしますので、あなたは「あるべき姿」「問題」「原因」「対策」を明確にしてみてください。

目的:次回からの治療において、指示の変更に適切に対応した治療を行う 現状:治療開始前の申し送りの際、今回から物品Bに変更になったという情報は共有したが、誰が準備を担当するかは指示しておらず、他のスタッフも誰かが準備してくれるものだと考えていた。担当スタッフやダブルチェックを行ったスタッフは、すでに物品Bが用意されているものだと思い込んだまま治療を開始した。患者Aさんの治療開始後30分経過した際、物品Bではなく物品Cが使用されていることを担当スタッフが発見。すぐに物品Bに交換して治療を再開、その後のAさんの状態変化は、通常の治療と同様であった。

【ChatGPT】

【あるべき姿】

スタッフは全員が申し送りの内容を確認し、物品の変更があった場合、具体的な担当者を決定し、物品の準備が正しく行われる。また、ダブルチェック時に物品が適切に用意されていることを確認し、治療開始時に適切な物品が使用されることを保証する。

【問題】

1. 物品の準備担当者が明確になっていなかった 2. 担当スタッフとダブルチェックを行ったスタッフが、物品の確認を十分に行っていなかった

【原因】

1. 申し送りの際に担当者を指定せず、他のスタッフも誰かが準備してくれると考えていたため 2. 治療開始時の物品確認が不十分だったため

【対策】

1. 申し送りの際に、物品の準備担当者を明確に指定する 2. スタッフ全員が申し送り内容を確認し、物品変更があった場合には注意するように意識づける 3. 治療開始前にダブルチェックを徹底し、物品が適切に用意されていることを確認する 4. 定期的な研修やミーティングを開催し、スタッフ間のコミュニケーションを強化することで、情報共有や連携を改善する

Recent Posts

See All

群馬県病院局のノンテクニカルスキル新人編で講演しました

先日は、群馬県病院局(心臓血管センター、がんセンター、精神医療センター、小児医療センターの県立4病院)のノンテクニカルスキル新人編での講演のため、群馬県庁へ。 メインセッションは、問題解決プランの作成と学び合い。 「本当の答えは現場にしかない」 つまり、現場の半径5メートルを知る人しか本当の答えを見つけることはできないので、当然ながら、ヨソ者(講師)は本当の答えを伝えることはできません。できるのは

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル38

「生成AIの本質的価値と情理」 現場の問題解決において、生成AIを用いる本質的な価値は、人間のように自然な会話ができることでも、膨大な知識を基に論理的な文章を瞬時に生成できることでもなく、何か困った事態になったら「生成AIのせいにできる」ことにあると考えることができる。ある問題解決の議論において特定のスタッフにとって都合が悪い内容に触れざるを得ない場合も、「これは私の意見ではなくて、あくまでも生成

Comments


bottom of page