top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

ヨソ者の使い倒し方と「有り難い話」

組織変革と空気のマネジメントの観点から言えば、ヨソ者の本質的な価値は「餅は餅屋」の専門性にあるのではなく、ムラ(組織)の住民ではないこと、つまりヨソ者であること自体にあります。


たとえリーダーであっても、同じムラの住民ですから、日々の暮らしの中でのさまざまな交流を通じて、他の住民(スタッフ)との関係性が出来上がっています。


もちろん、信頼されている、仲が良いといった関係性だけを見ると良いことのように見えますが、信頼されているからこそ、仲が良いからこそ言えないこともあるはずです。また、「◯◯さんはこういう人」といったリーダー像を含めて関係性が出来すぎているために、逆に言葉が伝わらないこともあるのではないでしょうか。


組織変革はヨソ者との二人三脚が大事なのは、そういった「同じムラの住民だからこそ言えないこと、伝わらない」ことを、ヨソ者の口から伝えてもらえるからです。


ではなぜ、ヨソ者はそれを伝えられるのか。それは、ムラの住民ではないからです。ムラの住民ではないからこそ、そのムラで日々生活していないからこそ、関係性が出来すぎていないからこそ、空気に従わなくても良い。これは、リーダー含めムラの住民から見れば、ある意味、物凄いパワーを持っているように見えるでしょう。


だからこそ、ヨソ者を使い倒さないのはもったいない。


一方で、ヨソ者の話は有り難い話です。ここで言う有り難いとは、「あることが難しい」という意味です。それもそのはず、ヨソ者はそのムラで実際には生活してはいませんから、日々の暮らし(半径5メートル)のことはわかりません。


だからこそ、ヨソ者が伝える有り難い話は、リーダー含めムラの住民によって半径5メートルに引き寄せていかなければなりません。その意味でも、やはり二人三脚が大切になるのです。

Recent Posts

See All

他組織の事例から学ぶための「独自の条件・隠れた条件の抽出」

他の組織(施設)の事例を学ぶことは大切ですが、そのまま自組織に適応することはできません。例え同じ分野の業務を行っていたとしても、スタッフも患者さんもやり方も環境も同じではないからです。従って、他組織のやり方を自組織に適応するためには、その間に何かしらの工夫、言い換えれば「変換作業」が求められます。 その変換作業が、「抽象化(一般化)」と「独自の条件・隠れた条件の抽出」です。 例えば、ある治療の開始

人材育成(能力開発)は目的から逆算して設計する

何事も「手段は目的に従う」にも関わらず、「手段が目的化する」というのは、往々にして起こります。そもそも、なぜ手段が目的化するのかというと、目的がまだ実際に起こっていないことなのに対して、手段は実際に目の前にあることだからではないでしょうか。目に見えない(未来の)物事より、目に見える(現在の)物事に意識が向きやすいのは自然なことです。 特に人材育成においては、他の人材マネジメントの要素に比べて時間軸

他者の言葉は「答え」ではなく「ヒント」と割り切る

例えば、一般的な講演の内容を、大きく2つの方式に分けてみます。 ①誰かの言葉の引用系 ②自分の考えの披露系 何事にもメリットもあれはデメリットもあると言えますが、これらの方式も例外ではありません。 ①のメリットは「効率性」です。 「◯◯はこう言っています」 「⬜︎⬜︎はこう言っています」 さまざまな「誰かの言葉」に触れる、言い換えれば、さまざま角度から学びを得ることは、それらの言葉のつながり(共通

bottom of page