• 佐藤 和弘

ヨソ者の力を最大限に使い倒すために、ムラ人とヨソ者との距離感をマネジメントする

コーポレートガバナンスの観点から、社外取締役の重要性が高まっています。一方で、僕が組織変革において「ヨソ者」の存在が極めて重要だと考える理由は、ムラ人である以上はムラの非公式の掟である「空気」に従わざるを得ないけれど、ヨソ者はそのムラには住んではいないので、その非公式の掟に従う必要がないからです。


「ムラ人は、ムラ人だからこそ言える(できる)ことがあるが、ムラ人だからこそ言えない(できない)こともある」というのは、ムラ社会で暮らしているあらゆる人が実感していることではないでしょうか。対して、ヨソ者は、ヨソ者だからこそ言えない(できない)ことがありますが、ヨソ者だからこそ言える(できる)こともあります。これらのことを前提に、いかにムラ人だからこそ言えない(できない)ことをヨソ者に言って(やって)もらうかが、組織変革において重要になってきます。


だからこそ大事なことは、「ムラ人とヨソ者の距離感をマネジメントする」ことです。


ムラ人とヨソ者の距離が必要以上に近づきすぎると、情が入りすぎることによって、ともすればムラ人がヨソ者を同じムラ人のように感じるようになるかもしれませんし、ヨソ者も自分をムラ人と同じ住民のように勘違いしてしまうかもしれません。しかし、そうすると、仲良くはなるかもしれませんが、ヨソ者がムラ人にとって都合が悪くなるようなこと(耳が痛くなるようなこと)を言えなくなってしまいかねません。ヨソ者がムラの空気を必要以上に読んでしまうかもしれないからです。


ムラの空気に従う必要がない立場であるヨソ者が、ムラの空気を必要以上に読み、従ってしまうのであれば、本末転倒になってしまいます。


だからこそ、社外取締役やアドバイザー、講師など、いろいろな立場のヨソ者がいると思いますが、基本的な考え方として、


「ヨソ者は、ヨソ者であること自体に本質的な価値がある」


ということを十分に理解し、ムラ人とヨソ者との距離感をマネジメントしながら、ヨソ者の力を最大限に使い倒していくことが大切です。

Recent Posts

See All

メタバースという流行り言葉の背景には、「非現実世界(バーチャル)を現実世界(リアル)に近づけていきたい」という、人間の自然な欲求があるように思います。 あくまでも、僕らが日々生活しているのは、今この瞬間も目の前に見えている現実世界であり、いかにこの現実世界を心身ともに豊かに過ごすかは、誰しもが関心を持つことだと言えます。 その上で、テクノロジーの進化によって、従来の文字や音声の世界から、画像や動画

「問題を正しく解決するよりも、正しい問題を解決することが大事」 もちろん、「問題を正しく解決する」ことも「正しい問題を解決する」ことも、両方大事です。ただ、正しい問題において間違った対策を実行すれば「解決できなかった」だけで終わるかもしれませんが、間違った問題を正しく解決しようとしてしまうと、本当の問題が解決しないだけでなく、それによって別の問題が起こってしまうかもしれません。その意味では、上記の

昨今、「パーパス(経営)」といった言葉が流行っています。「存在意義」と訳されることもあるパーパスですが、これは本来は「目的」という意味になります。経営単位であれ個別業務単位であれ、ある活動は目的を実現するための手段ですから、「何のためにその活動を行うのか?」という目的を押さえることは、これまでも、そしてこれからも重要であり、本来は普遍的なことです。 では、なぜ、このような整理をしたのかというと、と