top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

リーダーと組織の空気と「影響力の循環」

組織の空気はスタッフ全員でつくられるものです。なので、いわゆる声の大きいスタッフだけでなく、そのスタッフの意見に沈黙という同調をするスタッフも、何も言わないという手段(行動)によって、組織の空気をつくっていることになります。


ただ、その中でもリーダーの存在はやはり大きくて、組織の空気はリーダーの「色(タイプ)」に染まりやすいのは、リーダーがスタッフにとって立場的にロールモデルの存在であることだけでなく、リーダーの真似をしていれば、いざ困ったときに「◯◯さん(リーダー)と同じことをしただけですので(私は悪くありません)」という自己防衛になるということもあるのでしょう。


一方で、リーダーも1人の人間ですから、現場の半径5メートルで実際に患者さんに日々接しているスタッフにそっぽを向かれると業務が回らず困るわけですし、「本当はスタッフにこうしてもらいたい!」と言うことがあったとしても、「正論かもしれませんが、今のウチの(部署)の状況ではそれは無理です!」と言わざるを得ない空気が組織を支配していれば、「組織のスタッフを導くリーダーであるはずなのに、スタッフがつくりだす組織の空気によってスタッフを導くことができない」といったジレンマに陥りかねません。


つまりこれは、


リーダー(の行動)

影響力↓↑影響力

(スタッフがつくりだす)組織の空気


という「影響力の循環」が起こっていることを意味します。


この「にわとりたまご」のどちらが先かは時と場合と人によるのでしょうが、特に組織の空気の影響力がリーダーの行動に向かう影響力については、空気が目に見えず手も触れられないからこそ複雑でわかりづらいものだと言えるため、より意図的に観察していくことが大切だと言えます。


「◯◯さん(リーダー)のこの発言は、本音で言っているのだろうか?それとも組織の空気を読んで、建前で言っている(そう言わざるを得ない)のだろうか?」

Recent Posts

See All

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル33

「あれとこれをつなげる伏線回収のマネジメント」 人はストーリーを通じて物事を理解し納得する生き物ととらえてみると、スタッフの理解と納得感を高めるために大事なことは、「伏線回収のマネジメント」である。ある取り組みという伏線は、それによって小さな成功を実感した時に初めて回収できる。伏線だけではスタッフの不安や不満が高まりやすいし、回収できたとしても、それがどの伏線の恩恵なのかがつながらなければ、(取り

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル32

「組織の中の個人としての3つの選択肢」 組織の中で個人として過ごすうえで、スタッフには3つの選択肢がある。1つ目は「改革する」、2つ目は「順応する」、3つ目は「辞める」。組織には変わり続けることが求められるが、それはあくまでも組織としてであって、スタッフ1人ひとりは「改革する」以外の選択肢も選ぶことができる。医療者側が働く場所(医療機関)を選ぶ「働き手不足の時代」は、3つ目の選択肢のハードルも低く

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル31

「沈黙という同調力」 多数派である慎重派が組織の中で自分(たち)を守るために用いる力が、「沈黙という同調」である。推進派の意見でも抵抗派の意見でも、それらの意見に対して「何も言わない」という態度を取ることによって、たとえその意見に基づき行動した結果失敗したとしても、「私はあの意見に賛同したわけではなかった」と主張することができる。沈黙という同調という態度は他者から見れば賛同したように一見すると見え

Comments


bottom of page