top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

リーダーの配置を行う恐ろしさ

Updated: Apr 20, 2020

もし、「誰をリーダーに据えるか」、つまり「リーダーの配置」が有事の失敗を決定づけるほどの原因であるとすれば、それは平時のうちから「有事のためのリーダー育成」を通じて選抜しておかなければ、いざ有事になってからでは勝負は決まってしまっていると言える。

平時と有事は非連続だが、有事の意思決定や行動は、あくまでも平時での長年かけた準備の積み重ねの結果である。平時に有事のリーダーシップを行っても、変人扱いやオオカミ少年扱いされるか、嫌われるくらいで済む。だが、有事に平時のリーダーシップを行ってしまうと、組織を破滅へと導いてしまいかねない。

したがって、平時のうちから有事のためのリーダー育成を行いながら、非連続的に起こる有事に備えて「誰をリーダーに据えるか」が極めて重要。このように考えると、リーダーの配置を行う恐ろしさを理解せざるを得ないだろう。 ************************** 昭和天皇自身が、太平洋戦争の敗戦について4点を挙げ、その一つに「常識ある主脳者(原文ママ)の存在しなかった事。往年の山県(有朋)、大山(巌)、山本権兵衛、と云ふ様な大人物に欠け、政戦両略の不充分の点が多く(略)」と『昭和天皇独白録』で明かしているほどだ。確かに天皇の胸中を理解できる人材がいなかったことが、太平洋戦争時には明白であった。

Recent Posts

See All

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル37

「半径5メートルのプレゼンテーションスキルとあの手この手力」 プレゼンテーションスキルとは、講演や発表といった特別な舞台だけでなく、現場業務という日常の舞台においても重要になるスキルである。プレゼンテーションスキルを現場の半径5メートルの視点で考えた場合、ある説明に関して、難しい内容を日常の出来事でわかりやすく表現し直してみる力(例える力)や、相手との共通点を押さえたうえで、その文脈を通じて伝えた

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル36

「一般化する力と一般化しない力」 複雑な物事を理解するためには、その物事を代表的な言葉で言い表す「一般化」が重要。その一般化された言葉を軸にすれば、さまざまな出来事に対応しやすくなる。一方で、複数な物事を代表的な言葉で言い表すという行為によって、さまざまな個別の情報がこぼれ落ちてしまい、「皆に当てはまるようで、実は誰にも当てはまらない」といった結果になりなねない。だからこそ、一般化する力と一般化し

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル35

「キレイゴトとリアリズムの間」 キレイゴトだけでは現実感を持てないが、リアリズムだけでは希望を持てない。最善の答えは、キレイゴトとリアリズムの間にある。キレイゴトをかかげる場合はリアリズムにも引き寄せ、リアリズムをかかげる場合はキレイゴトにも引き寄せる、絶妙なバランス感覚が求められるが、必ずしも1人でバランスを取る必要はない。立場や性格などを勘案しながら、自分と他者とでキレイゴト役とリアリズム役を

Comments


bottom of page