top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

リーダーシップスタイルの変更問題

「◯◯さんって突然変わったよね・・・」


組織がある問題を抱えている時、現状のままではその問題は解決できないわけで、あるべき姿を描き現状とのギャップを埋めるということは、必然的に何かを変えるということを意味します。


それは、リーダーの姿勢や意識も例外ではなく、これまでのリーダーシップでうまくいかなかったのであれば、自分のリーダーシップスタイルを変えていかなければならないこともあるでしょう。


ただ、その際に難しいのは、そのような「リーダーシップスタイルの変更」にスタッフがついていけるかどうかではないでしょうか。


昨日と今日でリーダーのリーダーシップのスタイルが変わってしまうと、冒頭のセリフのように、スタッフは混乱してしまいかねません。スタッフはスタッフで、1人ひとり「◯◯さんはこういったリーダー」像があるはずですから、そのリーダー像が突然変わってしまうことに違和感を覚えても無理はありません。


であれば、時間をかけて少しずつリーダーシップのスタイルを変えていくのが良いのかもしれませんが、そうすると問題解決に時間をかけてしまうことになります。


つまり、このような「リーダーシップスタイルの変更問題」は、リーダー自身の視点の問題だけでなく、スタッフの視点の問題でもあるということが、難しさを物語っています。


長年のスタッフとの関係性の中で、徐々に作り上げられた信頼の残高。その信頼の残高照会をすればするほど、リーダーは「この問題を解決するためには、自分のリーダーシップスタイルを変更すべきだが、(スタッフのことを想うと)それができない」といったジレンマに悩むことになる。


このようにとらえると、リーダーシップとはリーダーだけの問題ではなくて、そのリーダーシップの影響を受けるフォロワー(スタッフ)の問題でもあることがわかります。だからこそ、フォロワーの立場であってもリーダーシップを理解する姿勢や意識が大切になってくるのではないでしょうか。

Recent Posts

See All

リーダーが自組織のスタッフにある行動を取ってほしいと伝えます。しかし、スタッフAさんはその行動を取ろうとしません。なぜならば、スタッフBさんが同様の行動を取っていないからです。一方で、スタッフBさんがその行動を取ろうとしないのは、スタッフCさんが同様の行動を取っていないからで、そしてスタッフCさんがその行動を取らないのは、スタッフAさんが同様の行動を取っていないからです。 誰かが前例をつくってくれ

組織の2:6:2の法則を両利きの経営における「知の探索・知の深化」の文脈で考えてみると、推進派が知の探索の担当者にあたり、抵抗派が知の深化の担当者にあたることがわかります。 一見すると、名前からして推進派と抵抗派は対立関係にあるように思えます。しかし、両者は対立軸でとらえるよりも、それぞれ別の役割を担っているととらえるほうがよいと考えています。 問題設定型の問題解決に基づき、推進派にあたるスタッフ

あるミスを起こした人(他者)を批判するということは、自分が同じミスを起こしてしまった際に、言い訳ができなくなることを意味します。 つまり、他者のミスを批判するということは、裏返せば、自分のミスを他者から批判されても仕方ないということになってしまいます。 だから、「他者を思いやることが大事だ」といった美しい話ではなくて、将来(同じミスを起こしてしまった際に)批判されないように、自分を守るための「保険

bottom of page