• 佐藤 和弘

リーダーシップスタイルの変更問題

「◯◯さんって突然変わったよね・・・」


組織がある問題を抱えている時、現状のままではその問題は解決できないわけで、あるべき姿を描き現状とのギャップを埋めるということは、必然的に何かを変えるということを意味します。


それは、リーダーの姿勢や意識も例外ではなく、これまでのリーダーシップでうまくいかなかったのであれば、自分のリーダーシップスタイルを変えていかなければならないこともあるでしょう。


ただ、その際に難しいのは、そのような「リーダーシップスタイルの変更」にスタッフがついていけるかどうかではないでしょうか。


昨日と今日でリーダーのリーダーシップのスタイルが変わってしまうと、冒頭のセリフのように、スタッフは混乱してしまいかねません。スタッフはスタッフで、1人ひとり「◯◯さんはこういったリーダー」像があるはずですから、そのリーダー像が突然変わってしまうことに違和感を覚えても無理はありません。


であれば、時間をかけて少しずつリーダーシップのスタイルを変えていくのが良いのかもしれませんが、そうすると問題解決に時間をかけてしまうことになります。


つまり、このような「リーダーシップスタイルの変更問題」は、リーダー自身の視点の問題だけでなく、スタッフの視点の問題でもあるということが、難しさを物語っています。


長年のスタッフとの関係性の中で、徐々に作り上げられた信頼の残高。その信頼の残高照会をすればするほど、リーダーは「この問題を解決するためには、自分のリーダーシップスタイルを変更すべきだが、(スタッフのことを想うと)それができない」といったジレンマに悩むことになる。


このようにとらえると、リーダーシップとはリーダーだけの問題ではなくて、そのリーダーシップの影響を受けるフォロワー(スタッフ)の問題でもあることがわかります。だからこそ、フォロワーの立場であってもリーダーシップを理解する姿勢や意識が大切になってくるのではないでしょうか。

Recent Posts

See All

リーダーが「あっちに行きましょう!」と旅の道筋を示した時、スタッフのフォロワーシップで大切なのは「一旦だまされたと思ってついて行ってみる」ことだと言えます。 結局、何が正しいかは実際にやってみなければわからないというのは、多くの人が納得することではないかと思います。「これはいける!」と思ったことが上手くいかなかったと思えば、「これは無理だろう・・・」と思ったことが案外上手くいったり。 もちろん、だ

立場(地位や職位、権限)によらずに誰かを動かす時、その人はリーダーでありリーダーシップを発揮していることになりますが、それ以前に、そもそも自分自身をリードしている(自分に対してリーダーシップを発揮している)と考えることもできます。このように、 「リーダーシップは自分自身に向けることから始まる」 ととらえると、自らが行動するモチベーションを維持するために「安心感の醸成」が大切になります。 そして、そ

組織変革と空気のマネジメントの観点から言えば、ヨソ者の本質的な価値は「餅は餅屋」の専門性にあるのではなく、ムラ(組織)の住民ではないこと、つまりヨソ者であること自体にあります。 たとえリーダーであっても、同じムラの住民ですから、日々の暮らしの中でのさまざまな交流を通じて、他の住民(スタッフ)との関係性が出来上がっています。 もちろん、信頼されている、仲が良いといった関係性だけを見ると良いことのよう