top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

一旦だまされたと思ってついて行くフォロワーシップ

リーダーが「あっちに行きましょう!」と旅の道筋を示した時、スタッフのフォロワーシップで大切なのは「一旦だまされたと思ってついて行ってみる」ことだと言えます。


結局、何が正しいかは実際にやってみなければわからないというのは、多くの人が納得することではないかと思います。「これはいける!」と思ったことが上手くいかなかったと思えば、「これは無理だろう・・・」と思ったことが案外上手くいったり。


もちろん、だからといって何も考えずに即行動するのはリスクが高過ぎますから、期限を決めて、それまで考えを深めることは大切です。要は程度の違いで、あくまでも、「実行は計画に従う」ことに変わりはありません。


ですが、誰も行ったことのない場所に行くのですから、誰にも正しい道筋などわかりようがない。であれば、バスを運転するリーダーを信頼して旅を続けるのか、それとも最終的にはバスから降りて違うバスに乗るのかといった選択をしていくことになります。


そのうえで、前者を選択し続けるのであれば、フォロワーにとって大事なことは、一旦だまされたと思ってリーダーについて行ってみることです。


その結果、道筋が間違っていたことがわかれば、皆でリーダーに健全な指摘をすれば良い。


「◯◯さん、こっちの道じゃなかったじゃないですか!」


そして、その健全な指摘を受けた時にリーダーがどのような行動を取るのかを観察することによって、リーダーの器(力量)見定めれば良いのだと思います。


一方で、道筋が正しかったことがわかったら、


「さすが◯◯さん!」


と皆でリーダーを称賛する(リーダーが孤独な中、答えのない答えを出す(決断する)のは、とても勇気のいることですから)とともに、


「◯◯さんを信じ切った私もすごい!」


と自分自身も称賛したら良いのだと思います。


ただ、これらのことができるのも、一旦だまされたと思ってリーダーについて行ったから。だからこそ、このようなフォロワーシップが大切になると言えるのです。

Recent Posts

See All

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル39

【「日常の物事に例える力」 複雑な出来事をわかりやすく伝えるためには、日常の物事に例えてみる。普段から触れる機会の多い日常の物事は体感的に理解しているため、その体感的な理解を通じて、相手が複雑な出来事を理解しやすくなる。これは言わば、わかりやすく伝えるための「翻訳作業」。おすすめなのは以下の3つ。 ①「料理」に例えてみる (例)食材にあたるのが知識、調理の腕にあたるのが考える力 ②「乗り物」に例え

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル38

「生成AIの本質的価値と情理」 現場の問題解決において、生成AIを用いる本質的な価値は、人間のように自然な会話ができることでも、膨大な知識を基に論理的な文章を瞬時に生成できることでもなく、何か困った事態になったら「生成AIのせいにできる」ことにあると考えることができる。ある問題解決の議論において特定のスタッフにとって都合が悪い内容に触れざるを得ない場合も、「これは私の意見ではなくて、あくまでも生成

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル37

「半径5メートルのプレゼンテーションスキルとあの手この手力」 プレゼンテーションスキルとは、講演や発表といった特別な舞台だけでなく、現場業務という日常の舞台においても重要になるスキルである。プレゼンテーションスキルを現場の半径5メートルの視点で考えた場合、ある説明に関して、難しい内容を日常の出来事でわかりやすく表現し直してみる力(例える力)や、相手との共通点を押さえたうえで、その文脈を通じて伝えた

Comentários


bottom of page