• 佐藤 和弘

中川調剤薬局全体研修Day21(双方向型オンライン研修Day4)で講演

Updated: Feb 15


中川調剤薬局全体研修Day21(双方向型オンライン研修Day4)で講演しました。


一般論として、有事の状況においても、そしてテクノロジーを中心としたイノベーションの時代である平時の状況においても、極めて重要なのが「変化に適応する組織能力」です。


ただ、その変化に適応する組織能力を養うための魔法の杖はありません。長年かけて組織学習し、現場で実行し、それによって生まれたスモールウィンを源泉にして、次の組織学習と実行につなげていくということを、ひたすら繰り返していくことに尽きます。


その組織学習において重要なのは「伏線回収と着地」、実行において重要なのは「行動の仕組み化」、そしてスモールウィンにおいて重要なのは「意味づける力」です。組織学習において気づきや納得感を生み出す伏線回収のストーリーを描いて着地し、その学びを生かした現場業務の仕組みをつくって行動変容につなげ、その結果をポジティブに意味づけることによってスモールウィンを増やしていく。


変化に適応する組織能力は、そのような営み全体で、少しずつ、少しずつ養われるものだととらえておくことが大切になります。

Recent Posts

See All

「過去の成功体験が未来の成功体験をつくる」「過去の成功体験が未来の失敗体験をつくる」という相反するように見える物事をつなぐ

「過去の成功体験が未来の成功体験をつくる」という言葉は、いかに組織変革においてスモールウィン(小さな成功)が重要であるかを意味しています。なぜ人は行動できないのか。それは、行動すればスモールウィンを実感できる(かもしれない)という期待につながる成功体験を、これまで十分に積み重ねることができていないからだと考えることができます。誰しも、これまで成功したことがないことに挑戦するのは怖いと思うのが自然で

問題解決の議論を固有名詞レベルに落とし込む

現場の問題解決の議論は、基本的に「固有名詞」レベルに落とし込むことが重要です。 どんな現場の事例にも当事者である◯◯さんがいるわけで、その◯◯さんには◯◯さんの性格や価値観、考え方があり、それは他の人と同じではありません。このことが意味するのは、固有名詞レベルで行わない問題解決の議論は、極端な話、当事者の「個性」を無視した議論になってしまいかねないということです。言い換えれば、一般化できないその個

© 2013 by Kazuhiro Sato