• 佐藤 和弘

京都府放射線技師会学術大会(Web開催)の特別講演でお話ししました

京都府放射線技師会学術大会(Web開催)の特別講演でお話ししました。


タイトルは「医療者のためのノンテクニカルスキル〜組織で問題解決する技術〜」。テクニカルスキルとノンテクニカルスキルの関係、ノンテクニカルスキルの4つの領域、問題解決とは、美味しい料理づくりの二点セット(レシピと隠し味)、2種類の問題解決、問題解決の六大大陸などについてお伝えした後は、組織の空気について少しだけお話ししました。


一般論として。最近、意図的に使っている言葉があります。


「大事なことに順番を決める」


ともすると、自分の興味・関心のある出来事が目に映ったりすると、「アレも大事」「コレも大事」と大事なことでいっぱいになってしまうのではないでしょうか。


たしかに、それら1つひとつを個別に見ていけば、それぞれに大事なことであるのでしょう。けれど、それらたくさんの大事なことに泣く泣く順番を決めなければ、どれも実現できなかったり、実現できたとしてもあいまいになってしまうかもしれません。


「大事なことと大事でないことに優先順位をつける」 ではなく 「大事なことと大事なことに優先順位をつける」


基本的に、おそらく後者のほうがとても難しいでしょう。それも、多様な個性が集まる組織の中ではなおさら。だからこそ、大事なことに順番を決める力を高めることが重要になります。


そのためには、先ほど表現した「泣く泣く」という言葉が参考になるかもしれません。「アレも大事」「コレも大事」だから、全て実現できたらもちろんハッピー。だけど、それができないなら「健全な妥協のマネジメント」を行い、泣く泣く大事なことに順番を決める。これが現場のリアリズムなのではないでしょうか。

Recent Posts

See All

先日は、玉名市包括支援センター主催のオンライン研修「チームを動かすノンテクニカルスキル研修」で講演しました。 全2回のシリーズで、第1回の今回のテーマは「最強の問題解決の技術」。 メインはもちろん問題解決プランを作成し学び合うセッションなのですが、一般論として、このようなセッションを通じて実感してもらいたいことは、やはり「共通言語」の大切さについてです。 例えば2W1Hが共通言語になっている議論(

先日は、北陸大学医療保健学部の科目「地域チーム論」において、「チーム医療に必要なノンテクニカルスキル」というテーマで講義しました。対象は臨床検査技師・臨床工学技士のダブルライセンス取得を目指す大学4年生で、講師はオンラインでの講義でした。 一般論として、医療者が現場のリアリズムを特に実感するタイミングはいくつかあるのでしょうか。例えば、現場スタッフ(プレーヤー)から管理者(マネジャー)になったタイ

現在、ノンテクニカルスキルの双方向型オンラインセミナーをシリーズで構想しています。 2W1Hなどの基本的な個別スキルだけでなく、問題解決の六大大陸や人材マネジメントの全体像、組織変革と空気のマネジメント、双方向型オンライン研修の方法など、さまざまなテーマをご用意しようと考えています。 基本的に、院内研修(組織学習)の場合は、「大事なことに順番を決める」、つまり組織で反復練習するために、個別スキルの