top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

京都府放射線技師会学術大会(Web開催)の特別講演でお話ししました

京都府放射線技師会学術大会(Web開催)の特別講演でお話ししました。


タイトルは「医療者のためのノンテクニカルスキル〜組織で問題解決する技術〜」。テクニカルスキルとノンテクニカルスキルの関係、ノンテクニカルスキルの4つの領域、問題解決とは、美味しい料理づくりの二点セット(レシピと隠し味)、2種類の問題解決、問題解決の六大大陸などについてお伝えした後は、組織の空気について少しだけお話ししました。


一般論として。最近、意図的に使っている言葉があります。


「大事なことに順番を決める」


ともすると、自分の興味・関心のある出来事が目に映ったりすると、「アレも大事」「コレも大事」と大事なことでいっぱいになってしまうのではないでしょうか。


たしかに、それら1つひとつを個別に見ていけば、それぞれに大事なことであるのでしょう。けれど、それらたくさんの大事なことに泣く泣く順番を決めなければ、どれも実現できなかったり、実現できたとしてもあいまいになってしまうかもしれません。


「大事なことと大事でないことに優先順位をつける」 ではなく 「大事なことと大事なことに優先順位をつける」


基本的に、おそらく後者のほうがとても難しいでしょう。それも、多様な個性が集まる組織の中ではなおさら。だからこそ、大事なことに順番を決める力を高めることが重要になります。


そのためには、先ほど表現した「泣く泣く」という言葉が参考になるかもしれません。「アレも大事」「コレも大事」だから、全て実現できたらもちろんハッピー。だけど、それができないなら「健全な妥協のマネジメント」を行い、泣く泣く大事なことに順番を決める。これが現場のリアリズムなのではないでしょうか。

Recent Posts

See All

Magic Shiels主催オンラインセミナーで講演しました

昨日は、Magic Shiels主催オンラインセミナーで講演しました。先月の基本編に続き、医療安全のためのノンテクニカルスキル導入編。組織変革と空気のマネジメントについてや、ノンテクニカルスキルを組織に導入するための仕組みづくりのポイント、生成AIとノンテクニカルスキルの関係性などについてお伝えしました。 組織変革と空気のマネジメントに関連するのですが、「逆ドミノ倒し現象」と呼んでいる考え方があり

Magic Shields主催オンラインセミナーで講演しました。

先日は、Magic Shields主催オンラインセミナーで講演しました。テーマは「医療安全のためのノンテクニカルスキル基本編」。 いつもノンテクニカルスキルの4つの領域としてお伝えしている「考える力」「伝える力」「決める力」「動かす力」。医療安全においても、 【考える力】 思い込み 思い間違い 認識間違い など 【伝える力】 伝え間違い(伝達ミス) 伝えたのに伝わらなかった など 【決める力】 組

Comments


bottom of page