• 佐藤 和弘

人材育成をゼロから創り直す覚悟が求められる

「(現場)医療の教育は壊滅的です」


ある変革リーダーとの会話で伝えたことだ。いつも「Off-JTはOJTに従う」と言っているが、これはあくまでも育成のマネジメントだけを見たときの話。本当に大事なことは、「OJTもOff-JTも組織のあるべき姿に従う」ということである。


よく教育担当者から、自施設の様々な研修を企画している上で、「研修で学んだことをどうやって現場で使ってもらうかが難しいです・・・」といったお悩み事を聞く。だが、このお悩み事自体がいかに不思議なことを言っているかに気づかなければならない。そのために、いつも次のように伝えている。


「本来は、現場で求められていることがあって、けれど今の自分たちの能力では足りないから、それにもとづいた研修をするはずです。だから、研修で学んだことが生かせないわけがないですよね。求められていることを学ぶのだから」


これは、様々な組織が陥る「主従の逆転現象」の典型的な例である。つまり、現場で求められているものがあるから研修で学ぶはずなのに、研修で学んだことをどう現場で生かすかといった主従が逆転した教育設計をしてしまっているのである(もっと言えば、現場で求められているものがあるなら、まずはOJTの設計を先にしなければならない)。


さらに、現場で求められていることとは【対策】に過ぎない。問題解決の六大大陸が理解出来ていれば、最後の大陸の話の前に、実質的な最重要大陸である【あるべき姿】の話をしなければならないことはすぐにわかる。あくまでも、組織の【あるべき姿】として描く未来の現実世界があって、それを実現するために【対策】として現場で求められることがある。つまり結局は、


①組織の【あるべき姿】はなにか? ↓なので、現場で求められることは◯◯だから ②OJTの設計はどうするか? ↓そして、どうしてもOJTでは足りない学びを得るために仕方なく ③Off-JTの設計はどうするか? の順番で教育を設計するのが、正しい順番であり、正しい主従関係なのである。


これが、「教育のための教育」か「組織変革のための教育」かによって、すでに勝負は決まっているという意味である。


このように考え、自施設の「内部・外部の教育計画」を洗い出したとき、その全てが組織のあるべき姿(現場で求められていること)にもとづいているだろうか。その説明が明確にできるだろうか。残念ながら、まだ明確に答えてもらったことはない。だが、これから本気で変革を進める組織は、このことから避けて通ることはできない。だからこそ、人材育成をゼロから創り直す覚悟が求められる。

Recent Posts

See All

有事のリーダーシップと「成功体験と習慣化」

平時の制度は有事には通用しない。だが、平時に制度化されたことには、そうすることが良いと判断した成功体験があったからであるから、制度を変えることに対して、組織の人たちからの不安や反発があることは、容易に想像がつく。 さらに、制度は「行動の仕組み化」であるので、制度によって長年の行動が習慣化されてしまうと、頭ではわかっていても、行動変容することが難しくなってしまう。 平時にはマネジメントが、有事にはリ

有事標準のリーダーは、平時でも有事でも報われない

有事標準のリーダーは平時では報われない。 アレもコレもを選べる平時において、アレかコレかを選ぶような決断を行わざるを得ない状況は、確かにイメージしにくい。だから、リーダーが時折口にする有事標準の言葉は、組織の人たちには届かない。 さらに、ただ届かないだけならまだしも、変人(変わった人)扱いされたり、オオカミ少年扱いされるどころか、「せっかく(組織が)明るく仲の良い雰囲気なのに、水を差すようなことを

© 2013 by Kazuhiro Sato