top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

人間と人工知能が共生する医療介護とノンテク

医療介護業界において、変化に適応する組織への変革を実現する仕事をしている「組織変革屋」が目指しているのは「人間と人工知能が共生する医療介護」であって、あくまでもノンテクはその手段に過ぎない。ただ、ノンテクがなければ本当の意味でそれを理解することはできない。


一般的に、医療における人工知能において話題になるのは、「画像診断は人工知能が行う」といった「分業」についてであり、たしかにこれまで人間でしかできなかった様々な業務が、ディープラーニングによる「眼の革命」が起こり、人間以上の眼を持った人工知能によって行われていくことになるだろう。


一方で、「人間と人工知能が共生する医療介護」において、ノンテクの視点を持たなければ見えてこないことがある。それは、問題解決の六大大陸の「役割分担」である。


人間が担うのは【目的】と【あるべき姿】である。「誰のため?何のため?」に医療を提供するのか、それを実現した現実世界はどのような世界なのかは、人間が願い描くことである。対して、【目的】によって描かれる目的地【あるべき姿】にどうやったら最適な方法でたどり着つくことができるのかを人工知能を判断する。


つまり、問題解決の六大大陸において、 人間の役割担当=【目的】【あるべき姿】 人工知能の役割担当=【現状】【問題】【原因】【対策】 (もちろん、明確に分かれるわけではないが)


と役割分担することによって、問題解決力を飛躍的に高めていくのである。


したがって変革リーダーは、今のうちからこのような妄想をしておくことをお勧めする。このような未来はそう遠くはないだろう。

Recent Posts

See All

他組織の事例から学ぶための「独自の条件・隠れた条件の抽出」

他の組織(施設)の事例を学ぶことは大切ですが、そのまま自組織に適応することはできません。例え同じ分野の業務を行っていたとしても、スタッフも患者さんもやり方も環境も同じではないからです。従って、他組織のやり方を自組織に適応するためには、その間に何かしらの工夫、言い換えれば「変換作業」が求められます。 その変換作業が、「抽象化(一般化)」と「独自の条件・隠れた条件の抽出」です。 例えば、ある治療の開始

人材育成(能力開発)は目的から逆算して設計する

何事も「手段は目的に従う」にも関わらず、「手段が目的化する」というのは、往々にして起こります。そもそも、なぜ手段が目的化するのかというと、目的がまだ実際に起こっていないことなのに対して、手段は実際に目の前にあることだからではないでしょうか。目に見えない(未来の)物事より、目に見える(現在の)物事に意識が向きやすいのは自然なことです。 特に人材育成においては、他の人材マネジメントの要素に比べて時間軸

他者の言葉は「答え」ではなく「ヒント」と割り切る

例えば、一般的な講演の内容を、大きく2つの方式に分けてみます。 ①誰かの言葉の引用系 ②自分の考えの披露系 何事にもメリットもあれはデメリットもあると言えますが、これらの方式も例外ではありません。 ①のメリットは「効率性」です。 「◯◯はこう言っています」 「⬜︎⬜︎はこう言っています」 さまざまな「誰かの言葉」に触れる、言い換えれば、さまざま角度から学びを得ることは、それらの言葉のつながり(共通

bottom of page