• 佐藤 和弘

今こそ、問題解決という共通言語(考え方の土台)をもとに、職種別分野別の専門性を発揮する組織へ

有事は総力戦。今こそ、問題解決という共通言語(考え方の土台)をもとに、職種別分野別の専門性を発揮する組織へ。4コマ本(ノンテク本第3弾)の「あとがき」に記した、これからの医療への提案です。 問題解決を導く決め台詞 ノンテクニカルスキル会話編 https://www.amazon.co.jp/dp/4776018977/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_SbiKEbMPJWYM9 ******************** 皆さんの職種や分野でも、普段からさまざまな問題解決が行われていると思いますが、それぞれ専門的な内容は異なっていても、それらは問題解決の六大大陸のどこかの話をしている。このことを理解すれば、世界地図の価値(便利さ)に気づくはずです。 これまでの医療は、職種別分野別に専門性が細かく分けられてきました。1人の患者さんの身体的・精神的・社会的な健康を支えるには、あまりに人間は複雑だったからでしょう。しかし、そうして細かく分けられたことによって専門性が高まった半面、今度はそれら全体を1つにまとめることが難しくなってきました。だからこそ、問題解決の六大大陸は、それぞれ職種別分野別の専門性という側面から医療をとらえるだけでなく、問題解決(あるべき姿と現状のギャップを埋める)という土台から医療をとらえるという新たな提案でもあるのです。 たとえ、時代の変化によって、それぞれの大陸の景色が大きく変わったとしても、問題解決の六大大陸自体は変わることはないでしょう。だからこそ、これからの医療の未来をつくっていくために、この普遍的な問題解決の世界地図を生かしていってください。

Recent Posts

See All

メタバースという流行り言葉の背景には、「非現実世界(バーチャル)を現実世界(リアル)に近づけていきたい」という、人間の自然な欲求があるように思います。 あくまでも、僕らが日々生活しているのは、今この瞬間も目の前に見えている現実世界であり、いかにこの現実世界を心身ともに豊かに過ごすかは、誰しもが関心を持つことだと言えます。 その上で、テクノロジーの進化によって、従来の文字や音声の世界から、画像や動画

「問題を正しく解決するよりも、正しい問題を解決することが大事」 もちろん、「問題を正しく解決する」ことも「正しい問題を解決する」ことも、両方大事です。ただ、正しい問題において間違った対策を実行すれば「解決できなかった」だけで終わるかもしれませんが、間違った問題を正しく解決しようとしてしまうと、本当の問題が解決しないだけでなく、それによって別の問題が起こってしまうかもしれません。その意味では、上記の

昨今、「パーパス(経営)」といった言葉が流行っています。「存在意義」と訳されることもあるパーパスですが、これは本来は「目的」という意味になります。経営単位であれ個別業務単位であれ、ある活動は目的を実現するための手段ですから、「何のためにその活動を行うのか?」という目的を押さえることは、これまでも、そしてこれからも重要であり、本来は普遍的なことです。 では、なぜ、このような整理をしたのかというと、と