top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

他組織の事例から学ぶための「独自の条件・隠れた条件の抽出」

他の組織(施設)の事例を学ぶことは大切ですが、そのまま自組織に適応することはできません。例え同じ分野の業務を行っていたとしても、スタッフも患者さんもやり方も環境も同じではないからです。従って、他組織のやり方を自組織に適応するためには、その間に何かしらの工夫、言い換えれば「変換作業」が求められます。


その変換作業が、「抽象化(一般化)」と「独自の条件・隠れた条件の抽出」です。


例えば、ある治療の開始時の手技に高い専門性が必要になるため、高い専門性を有したスタッフと、そのスタッフを補助するスタッフに分業した結果、ミスが減ったという事例があったとします。


ここでの抽象化作業は「分業」ですが、自施設で同様にその手技に関する分業を行うためには、独自の条件があることがわかりました。その1つは高い専門性を持ったスタッフと補助のスタッフをどのような基準で分けるかということです。というのは、その組織では、患者さんごとの特徴によってその手技が得意なスタッフが異なっているため、固定的な分業を行うことが難しいからです。


このように、他組織とは異なる独自の条件や、報告されていなかった隠れた条件を抽出し、その条件を考慮したうえで自施設に適応させていくのです(他施設の独自の条件なども抽出しながら)。


令和4年 10 月1日現在における全国の医療施設総数は 183,364 施設*と言われていますが、


「183,364通りの医療施設の『性格』がある」


このようにとらえてみると、独自の条件・隠れた条件を抽出することの大切さがわかります。

*厚生労働省 令和4(2022)年医療施設(動態)調査・病院報告の概況 結果の概要 医療施設調査

Recent Posts

See All

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル13

「知的好奇心の罠」 人が成長するうえで知的好奇心は大切。だが、「知らないことを知りたい」という好奇心があるがゆえに、「すでに知っていることには興味が湧かない」「もっと違うことを知りたい」といった意識につながり、その結果、知っていることが「できるようになる」ための反復練習がおざなりになると、あれもこれも学ぼうとするが、どれもこれも身につかない。医療者は、医療の世界のアスリートとして、学習環境だけでな

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル12

「不変的な共通軸を押さえる力」 新しい言葉(概念)は次々と登場するが、昔からある言葉を言い換えていると言えるものも少なくない。例えば、「理念」は組織全体の「目的」にあたるが、「存在意義」と訳される「パーパス」も、直訳すると「目的」。つまり、これらに対する不変的な共通軸は「目的」である。今後新しい言葉が出てきたとしても、流行り廃りに惑わされず、不変的な共通軸を押さえておくことが大切。

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル11

「空気の支配の恐ろしさ」 目に見えず手も触れられないが人に大きな影響力を与える「何か」、それが空気。空気は、「正しいことができない」「間違っていると分かっていてもやらざるを得ない」状況へと人を陥れてしまう、強大な力を持つ。ムラ(組織)の非公式の掟である空気は、時に公式の掟(制度やルール)よりも優先されてしまい、結果、誰も望まない方向へと全員で向かうことになる。

Comments


bottom of page