top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

他者の言葉は「答え」ではなく「ヒント」と割り切る

例えば、一般的な講演の内容を、大きく2つの方式に分けてみます。


①誰かの言葉の引用系

②自分の考えの披露系


何事にもメリットもあれはデメリットもあると言えますが、これらの方式も例外ではありません。

①のメリットは「効率性」です。


「◯◯はこう言っています」

「⬜︎⬜︎はこう言っています」


さまざまな「誰かの言葉」に触れる、言い換えれば、さまざま角度から学びを得ることは、それらの言葉のつながり(共通点)や相違点を通じた学びを得ることもできます。デメリットがあるとすると、「これって他でも聞いたことあるよなぁ」「それだったら、本家の話を直接聞いたほうがいいよね」と感じてしまいかねないことかもしれません。


対して、②のメリットは「独自性」です。これまで(誰かの言葉では)触れることがなかったユニークな角度からの学びを得ることによって、新たな気づきを得ることができます。デメリットがあるとすると、「それってあなたの(ひとつの)考えに過ぎませんよね」と感じてしまいかねかいことかもしれません。ただ、


「自施設の患者さんのための本当の答えは、自施設の現場にしかない」


このようにとらえてみると、①も②も、本当の答えを見つけるためのヒントにはなるでしょうが、本当の答えそのものは、自施設の現場で見つけるしかありません。①や②で語られる言葉には、自施設の患者◯◯さんのことが背景として含まれているわけではないからです。


このように、他者から学ぶ際は、それを答えととらえるのか、それとも(答えを見つけるための)ヒントととらえるのかによって、その意味合いは大きく異なります。たしかに、答えととらえるほうが楽でしょうし、暗黙的・希望的に答えととらえてしまいやすいかもしれません。ただそうすると、結局、現場で答え合わせしてみると答えが合わずに問題が解決しない、その結果、問題が先送りされて深刻化する、といったことになりかねません。


このことをふまえても、「他者の言葉は答えではなくヒント」と割り切ったほうが、急がば回れで問題解決に近づくのではないかと考えています。

Recent Posts

See All

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル39

【「日常の物事に例える力」 複雑な出来事をわかりやすく伝えるためには、日常の物事に例えてみる。普段から触れる機会の多い日常の物事は体感的に理解しているため、その体感的な理解を通じて、相手が複雑な出来事を理解しやすくなる。これは言わば、わかりやすく伝えるための「翻訳作業」。おすすめなのは以下の3つ。 ①「料理」に例えてみる (例)食材にあたるのが知識、調理の腕にあたるのが考える力 ②「乗り物」に例え

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル38

「生成AIの本質的価値と情理」 現場の問題解決において、生成AIを用いる本質的な価値は、人間のように自然な会話ができることでも、膨大な知識を基に論理的な文章を瞬時に生成できることでもなく、何か困った事態になったら「生成AIのせいにできる」ことにあると考えることができる。ある問題解決の議論において特定のスタッフにとって都合が悪い内容に触れざるを得ない場合も、「これは私の意見ではなくて、あくまでも生成

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル37

「半径5メートルのプレゼンテーションスキルとあの手この手力」 プレゼンテーションスキルとは、講演や発表といった特別な舞台だけでなく、現場業務という日常の舞台においても重要になるスキルである。プレゼンテーションスキルを現場の半径5メートルの視点で考えた場合、ある説明に関して、難しい内容を日常の出来事でわかりやすく表現し直してみる力(例える力)や、相手との共通点を押さえたうえで、その文脈を通じて伝えた

Comments


bottom of page