top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

倉敷中央病院で講演しました

Updated: Jan 28, 2023

倉敷中央病院で講演しました。テーマは「医療現場におけるノンテクニカルスキル」。web講演(オンラインでの講演)でした。


テクニカルスキルとノンテクニカルスキルの関係について、ノンテクニカルスキルの4つの領域、問題解決とは、問題発見型と問題設定型の問題解決、ノンテククッキングスタジオを通じた「レシピ」と「隠し味」の2つの個別スキルなどに関して学んだ後は、スキルを「広げる」でも「深める」でもなく、(現場で問題解決を)「進める」ための8つの論点に関して、1つひとつをごく簡単に説明しました。


このように、研修が終わってから本格的な第一歩を踏み出すその先に、どのような景色が見える長旅が待っているのかを事前に知ることができれば、心の準備とそれに伴う空気ができやすいのではないかと思います。


その意味でも、貴重な時間の中での研修において「to be continued感」を演出することは大切になりますね。


講演中は、オンラインの本質的価値(時間的空間的な制約を受けにくい)を生かし、随時寄せられる参加者の方々からのチャットを通じたコメントに講師がフィードバック。瞬間瞬間に得られた気づきなどをリアルタイムでコメントしていただくと、学びに奥行きが出ますね。良質なコメントをたくさん共有していただきました。

Recent Posts

See All

群馬県病院局のノンテクニカルスキル新人編で講演しました

先日は、群馬県病院局(心臓血管センター、がんセンター、精神医療センター、小児医療センターの県立4病院)のノンテクニカルスキル新人編での講演のため、群馬県庁へ。 メインセッションは、問題解決プランの作成と学び合い。 「本当の答えは現場にしかない」 つまり、現場の半径5メートルを知る人しか本当の答えを見つけることはできないので、当然ながら、ヨソ者(講師)は本当の答えを伝えることはできません。できるのは

Magic Shiels主催オンラインセミナーで講演しました

昨日は、Magic Shiels主催オンラインセミナーで講演しました。先月の基本編に続き、医療安全のためのノンテクニカルスキル導入編。組織変革と空気のマネジメントについてや、ノンテクニカルスキルを組織に導入するための仕組みづくりのポイント、生成AIとノンテクニカルスキルの関係性などについてお伝えしました。 組織変革と空気のマネジメントに関連するのですが、「逆ドミノ倒し現象」と呼んでいる考え方があり

Comments


bottom of page