• 佐藤 和弘

倉敷中央病院の医療技術部門で講演


ノンテクを自施設に引き寄せた立役者の方々からの熱い想いのメッセージから始まった、多職種合同の組織学習の濃厚な1時間。


まずは、最近「学び方の準備」の内容を入れ替えた「学びには『知識を覚える』と『考える力を養う』の2種類ある」という話から、「私たち医療者は、『人間の身体の中の理解』は学んできたが、『組織の中の人間の理解』について学んでこなかったのではないだろうか?」という問いかけ、テクニカルスキルとノンテクニカルスキルの関係、問題解決の正しい考え方と、問題発見型と問題設定型の2種類の問題解決について、そして2W1Hとビッグワード、問題解決の六大大陸、様々なフレームワークが問題解決の六大大陸で整理できること、問題解決の六大大陸を基本として職種や分野を展開していくという再提案、さらには空気の支配の恐ろしさまで凝縮して組織学習した。


研修後は、熱心な変革リーダーが集まり、濃厚過ぎる課外授業。組織変革と空気のマネジメントについて、基本を学ぶだけで5時間かかる内容を圧縮して学びを深めた。さすが、地域を象徴する医療機関の変革リーダー。これだけの限られた時間で深い「気づき」を得まくっていた。学びに重要なのは、そのような「気づきの感度」。気づきの感度が高ければ高いほど、「見えないものが見える」ようになる。


その高い感度のメーターが振り切れるように、ヨソ者だからこそ持つ知恵のシャワーを浴びてもらった。これからの現場での行動によって、気づきの感度がさらに高まるだろう。

Recent Posts

See All

先日は、玉名市包括支援センター主催のオンライン研修「チームを動かすノンテクニカルスキル研修」で講演しました。 全2回のシリーズで、第1回の今回のテーマは「最強の問題解決の技術」。 メインはもちろん問題解決プランを作成し学び合うセッションなのですが、一般論として、このようなセッションを通じて実感してもらいたいことは、やはり「共通言語」の大切さについてです。 例えば2W1Hが共通言語になっている議論(

先日は、北陸大学医療保健学部の科目「地域チーム論」において、「チーム医療に必要なノンテクニカルスキル」というテーマで講義しました。対象は臨床検査技師・臨床工学技士のダブルライセンス取得を目指す大学4年生で、講師はオンラインでの講義でした。 一般論として、医療者が現場のリアリズムを特に実感するタイミングはいくつかあるのでしょうか。例えば、現場スタッフ(プレーヤー)から管理者(マネジャー)になったタイ

現在、ノンテクニカルスキルの双方向型オンラインセミナーをシリーズで構想しています。 2W1Hなどの基本的な個別スキルだけでなく、問題解決の六大大陸や人材マネジメントの全体像、組織変革と空気のマネジメント、双方向型オンライン研修の方法など、さまざまなテーマをご用意しようと考えています。 基本的に、院内研修(組織学習)の場合は、「大事なことに順番を決める」、つまり組織で反復練習するために、個別スキルの