top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

個人に正しさを求めるために、まずは組織の空気と向き合う

「正しいことなのにできない」 「間違っていると分かっているのにやらざるを得ない」


人をそのような状況に陥らせる組織の空気の支配がある以上、個人に「正しさ」を求めても限界があります。むしろ、個人に正しさを求めるほどに、組織の空気の実態から目を背けてしまいかねません。


例えば、あるミーティングで発言しなかったスタッフAさんがいたとします。それは、もしかしたら、「本当は私は反対なんだけど、今ここで反対したらBさんに目をつけられて、後でどうなるかわからない・・・。他のスタッフもそのことをわかっているから、誰も発言しようとしない。こんな空気の中で、とてもじゃないけど私は発言できない・・・」と熟考した結果かもしれません。それなのに、「Aさんには主体性がない」と表面的にとらえてしまうと、判断を大きく誤ることになってしまいます。


そもそも、あくまでも仕事上の関係に過ぎない組織の空気の中で、本当の意味で本音を伝えることができる人がどれだけいるのだろうかと考えてみると、自分を守るために「本音と建前」をある意味賢く使い分けることは、「人は本来弱い生き物である」というとらえ方を前提にすれば、やはり自然なことだと言えます。そうであるならば、


「個人に正しさを求めるために、まずは組織の空気と向き合う」


ということが大切になります。そして、その組織の「空気のメカニズム」を明らかにしていくことによって、「なぜ正しいことができないのか?」「なぜ間違っていると分かっているのにやらざるを得ないのか?」という本質(本人の半径5メートル)に迫っていく。そのためのリーダー自身が迷子にならないための羅針盤が、組織の2:6:2の法則です。


組織の2:6:2の法則もまた、他の考え方と同様に、単に理解するだけでなく、「使っていく」ものです。


「抵抗派に当たるBさんと慎重派の他のスタッフによってつくられているネガティブな空気によって、Aさんは発言しないのではなく、発言したくてもできないのかもしれない。私(他者)から見れば一見非合理的に見えるけれど、Aさん(本人)にとっては合理的な理由はそこにあるのではないか。だったら、そのような組織の空気を変えないと、いくらAさんに発言を求めても、いや発言を求めるほどに、本人の本音は見えなくなってしまうだろう。だったら・・・」


といったように、組織の2:6:2の法則をよりどころにしながら、まずは組織の空気と向き合い、それによって個人の正しさを求めていくことが大切になります。

Recent Posts

See All

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル33

「あれとこれをつなげる伏線回収のマネジメント」 人はストーリーを通じて物事を理解し納得する生き物ととらえてみると、スタッフの理解と納得感を高めるために大事なことは、「伏線回収のマネジメント」である。ある取り組みという伏線は、それによって小さな成功を実感した時に初めて回収できる。伏線だけではスタッフの不安や不満が高まりやすいし、回収できたとしても、それがどの伏線の恩恵なのかがつながらなければ、(取り

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル32

「組織の中の個人としての3つの選択肢」 組織の中で個人として過ごすうえで、スタッフには3つの選択肢がある。1つ目は「改革する」、2つ目は「順応する」、3つ目は「辞める」。組織には変わり続けることが求められるが、それはあくまでも組織としてであって、スタッフ1人ひとりは「改革する」以外の選択肢も選ぶことができる。医療者側が働く場所(医療機関)を選ぶ「働き手不足の時代」は、3つ目の選択肢のハードルも低く

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル31

「沈黙という同調力」 多数派である慎重派が組織の中で自分(たち)を守るために用いる力が、「沈黙という同調」である。推進派の意見でも抵抗派の意見でも、それらの意見に対して「何も言わない」という態度を取ることによって、たとえその意見に基づき行動した結果失敗したとしても、「私はあの意見に賛同したわけではなかった」と主張することができる。沈黙という同調という態度は他者から見れば賛同したように一見すると見え

Comments


bottom of page