• 佐藤 和弘

共通言語は、組織の現場力と競争力の源泉である

未だ医療では、「共通言語をつくる」ということが過小評価されているのではないだろうか。


医療現場では、主に職種と分野と職位別に様々な「個別言語」が生まれる。それぞれの専門性を真面目に高めれば高めるほど、その個別言語は難解になり、自分の職種(分野・職位)ムラと他のムラが違うムラであることを強調してしまう。その結果、お互い不幸になることを経験的にわかっているにも関わらず、ムラ間の争いを繰り返してしまう。


では、このように様々な個別言語を話すムラ人同士をまとめるために大事なことは何か。それは、「言葉をそろえる」ことだ。このコミュニケーションの基本中の基本から目を背け、複雑な制度によってムラ間の協調性を高めようとしても、上手くいくはずがない。


共通言語とは、単に同じ言葉を話すことではない。同じ意味で捉えることである。そして、そのためには、ムラ人同士がその言語を使ってコミュニケーションした結果、お互いの半径5メートル以内のメリットにつながったというスモールウィンの残高を、長年かけて増やし続けなければならない。


このような途方もない年月をかけた地道な貯金活動を愚直に行った施設(組織)だけが、本当の意味で「共通言語」を持つことができる。だから、他の施設(組織)が見よう見まねで、単に同じ言葉を使うだけでは真似できないのは当然である。


「共通言語は、組織の現場力と競争力の源泉である」


日本を代表する超巨大組織は、すでに野球からサッカーにゲームのルールが変わってしまった中で、「自分たちは何屋か?」を模索し、製造業(自動車メーカー)からサービス業(モビリティカンパニー)へと大変革への舵を切った。そのトップオブトップが、共通言語の重要性を強く訴え、何度もその言語(TPS)を語っていることにはどんな意味があるのか。


このことを理解すれば、変革リーダーの中に恐怖にも似た強烈に焦る気持ちが芽生えるはずだ。

***************************** 「会話が通じたのは、一体なぜでしょうか。それは、TPS(トヨタ生産方式)という共通の思想、共通の言語があるからだと思います。」

https://toyotatimes.jp/insidetoyota/055.html?fbclid=IwAR1TpDVMf1J-f6TdX-gynjcjYqhFVnWS9EVDocMPo-gd4ity2HQUMjK21oQ

Recent Posts

See All

有事のリーダーシップと「成功体験と習慣化」

平時の制度は有事には通用しない。だが、平時に制度化されたことには、そうすることが良いと判断した成功体験があったからであるから、制度を変えることに対して、組織の人たちからの不安や反発があることは、容易に想像がつく。 さらに、制度は「行動の仕組み化」であるので、制度によって長年の行動が習慣化されてしまうと、頭ではわかっていても、行動変容することが難しくなってしまう。 平時にはマネジメントが、有事にはリ

有事標準のリーダーは、平時でも有事でも報われない

有事標準のリーダーは平時では報われない。 アレもコレもを選べる平時において、アレかコレかを選ぶような決断を行わざるを得ない状況は、確かにイメージしにくい。だから、リーダーが時折口にする有事標準の言葉は、組織の人たちには届かない。 さらに、ただ届かないだけならまだしも、変人(変わった人)扱いされたり、オオカミ少年扱いされるどころか、「せっかく(組織が)明るく仲の良い雰囲気なのに、水を差すようなことを

© 2013 by Kazuhiro Sato