top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

北海道臨床工学技士会 教育委員会主催「HACE式スキルアップセミナー キャリア、ノンテク、学会発表の3つの視点から学ぶ」に登壇しました

先日(6/25)は、北海道臨床工学技士会 教育委員会主催「HACE式スキルアップセミナー キャリア、ノンテク、学会発表の3つの視点から学ぶ」の(もちろん)ノンテクの視点に関するセッションに登壇しました。


講演タイトルは「医療者のためのノンテクニカルスキル」。


メインはやはり、グループワークによる問題解決プラン作成を通じた学び合い。よく、講演の最初に「多様性を通じた学び合い」についてお伝えしていますが、院内研修などの組織学習による多様性を通じた学び合いももちろん重要ですが、本セミナーのように多施設の参加者の方々同士による多様性を通じた学び合いも、組織学習では得られない新たな気づきがあると言えます。


これもよくお伝えしている「人によって見ている景色は違う」という言葉。当然ながら、自施設のスタッフより他施設のスタッフとのほうが違う景色を見ていると言えますから、自分には見えていない景色を他施設の人は見ており、その見えていない景色からさまざまなことを学ぶことができます。ただ、それは他施設の人にとっても同じことで、その人には見えていない景色を自分が見ているのですから、その景色を共有することは、自分が他者の学びに貢献することを意味します。


このような、「自分の見ている景色をおすそ分けする」という営みは、その瞬間、自分が他者にとっての講師になることを意味しますから、ある研修やセミナーがあったとして、登壇している人だけが講師なのではなく、あらゆる人が誰かにとっての講師になると言えます。このような、言わば「学習者の講師化」こそが、多様性を通じた学び合いにおけるあるべき姿なのだと言えます。


講演の最後は、最近さまざま機会に実演しているChatGPTによる問題解決プラン作成の自動化について。


「答えを得る」ためではなく、「(考える)選択肢を増やす」ために生成AIを使う。

手段は目的に従うという言葉は、生成AIにおいても当てはまりますね。

Recent Posts

See All

群馬県病院局のノンテクニカルスキル新人編で講演しました

先日は、群馬県病院局(心臓血管センター、がんセンター、精神医療センター、小児医療センターの県立4病院)のノンテクニカルスキル新人編での講演のため、群馬県庁へ。 メインセッションは、問題解決プランの作成と学び合い。 「本当の答えは現場にしかない」 つまり、現場の半径5メートルを知る人しか本当の答えを見つけることはできないので、当然ながら、ヨソ者(講師)は本当の答えを伝えることはできません。できるのは

Magic Shiels主催オンラインセミナーで講演しました

昨日は、Magic Shiels主催オンラインセミナーで講演しました。先月の基本編に続き、医療安全のためのノンテクニカルスキル導入編。組織変革と空気のマネジメントについてや、ノンテクニカルスキルを組織に導入するための仕組みづくりのポイント、生成AIとノンテクニカルスキルの関係性などについてお伝えしました。 組織変革と空気のマネジメントに関連するのですが、「逆ドミノ倒し現象」と呼んでいる考え方があり

Comments


bottom of page