top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

北陸大学医療保健学部で講演しました

先日は、北陸大学医療保健学部の科目「地域チーム論」において、「チーム医療に必要なノンテクニカルスキル」というテーマで講義しました。対象は臨床検査技師・臨床工学技士のダブルライセンス取得を目指す大学4年生で、講師はオンラインでの講義でした。


一般論として、医療者が現場のリアリズムを特に実感するタイミングはいくつかあるのでしょうか。例えば、現場スタッフ(プレーヤー)から管理者(マネジャー)になったタイミングもそうでしょうし、働く施設を変わった時もそうでしょう。


そして、やはり注目すべきは、学生から社会人になり、初めて現場で働き始めたタイミングも当てはまるはずです。だからこそ、社会人になる前のタイミングからノンテクニカルスキルを学び、あるべき姿と現状のギャップを埋める力を高めておくことは、自分自身を大切にするためにも、そして組織のためにも有意義だと考えています。


講義では、ノンテクニカルスキルの基本などを学んだ後、言わば「私(にとっての)問題解決」を考え練習してもらいました。


その後は、対話の時間。現場に出る前に知っておいて欲しい、いくつかの大切な考え方をお伝えしました。


「学生のうちからノンテクニカルスキルを」


もしそうなれば、例えば臨床10年でノンテクニカルスキルの学習歴は10年以上になることになります。これって凄いことではないでしょうか。

Recent Posts

See All

Magic Shiels主催オンラインセミナーで講演しました

昨日は、Magic Shiels主催オンラインセミナーで講演しました。先月の基本編に続き、医療安全のためのノンテクニカルスキル導入編。組織変革と空気のマネジメントについてや、ノンテクニカルスキルを組織に導入するための仕組みづくりのポイント、生成AIとノンテクニカルスキルの関係性などについてお伝えしました。 組織変革と空気のマネジメントに関連するのですが、「逆ドミノ倒し現象」と呼んでいる考え方があり

Magic Shields主催オンラインセミナーで講演しました。

先日は、Magic Shields主催オンラインセミナーで講演しました。テーマは「医療安全のためのノンテクニカルスキル基本編」。 いつもノンテクニカルスキルの4つの領域としてお伝えしている「考える力」「伝える力」「決める力」「動かす力」。医療安全においても、 【考える力】 思い込み 思い間違い 認識間違い など 【伝える力】 伝え間違い(伝達ミス) 伝えたのに伝わらなかった など 【決める力】 組

Comments


bottom of page