• 佐藤 和弘

北陸大学医療保健学部で2回目の双方向型オンライン講義

9月に続き、北陸大学医療保健学部で2回目の双方向型オンライン講義をしました。対象は臨床検査技師と臨床工学技士のダブルライセンス取得を目指す学生の方々。


実は、これらの職種は、医療が非連続的な変化に適応するうえで、脚光を浴びる職種と言えます。臨床検査技師は、withコロナ時代の変化に適応するため、そして医療エンジニアである臨床工学技士は、テクノロジー時代の変化に適応するために重要な職種だからです。そして、ダブルライセンスを取得するということは、この2つの極めて重要な変化に適応するための当事者になれるということを意味します。


医療のDXが本格的に進んでいくためには、医療の外からAI人材が入ってくるか、医療の外のAI人材と現場を臨床工学技士がつなぐか、臨床工学技士が医療AI人材になるかの3つが選択肢として考えられます。医療のDXは他の業界から何周何十周遅れかわかりませんが、後攻者利益を生かし、先行者の成功事例から貪欲に学ぶことで2段3段跳びすることができると捉えることもできます。


物事は意味づけ次第。これからの不確実性の高い時代も、健全に悲観的でありながらも、ポジティブに意味づけていきたいですね。

Recent Posts

See All

「過去の成功体験が未来の成功体験をつくる」「過去の成功体験が未来の失敗体験をつくる」という相反するように見える物事をつなぐ

「過去の成功体験が未来の成功体験をつくる」という言葉は、いかに組織変革においてスモールウィン(小さな成功)が重要であるかを意味しています。なぜ人は行動できないのか。それは、行動すればスモールウィンを実感できる(かもしれない)という期待につながる成功体験を、これまで十分に積み重ねることができていないからだと考えることができます。誰しも、これまで成功したことがないことに挑戦するのは怖いと思うのが自然で

問題解決の議論を固有名詞レベルに落とし込む

現場の問題解決の議論は、基本的に「固有名詞」レベルに落とし込むことが重要です。 どんな現場の事例にも当事者である◯◯さんがいるわけで、その◯◯さんには◯◯さんの性格や価値観、考え方があり、それは他の人と同じではありません。このことが意味するのは、固有名詞レベルで行わない問題解決の議論は、極端な話、当事者の「個性」を無視した議論になってしまいかねないということです。言い換えれば、一般化できないその個