• 佐藤 和弘

北陸大学医療保健学部の双方向型オンライン授業で講義しました

Updated: Nov 20, 2020


北陸大学医療保健学部の双方向型オンライン授業で講義しました。テーマは「専門性を深める」ことと「専門性をつなげる」ことへの学び。


臨床検査技師と臨床工学技士のダブルライセンスの取得を目指す学生の方々に、生涯にわたり使えるであろう最も重要かつ普遍的なノンテクニカルスキルを渡した後は、これから医療現場というムラ社会の住民になるうえで、極めて重要な4つの提言をお伝えしました。


シングルライセンスを取得するだけでも大変であるのに、ダブルライセンスを取得するのは相当な努力が必要になるはずです。一方で、その努力が報われるためには、実際にムラ社会で暮らし始める前に、その構造や非公式の掟などを理解しておくことが非常に重要になります。


「最善の答えは、理想論とリアリズムの間にある」


理想論だけでは綺麗事で終わってしまう。けれど、リアリズムだけでは希望が持てない。だからこそ大事なことは、その「塩梅」を見極めることです。したがって、ムラ社会のリアリズムを紹介しながらも、テクノロジーを中心に不確実性の高い非連続的な環境変化が起こるなかで、新時代の「担当者」として希望を見出してもらえるよう、メッセージをお伝えしました。

Recent Posts

See All

「過去の成功体験が未来の成功体験をつくる」「過去の成功体験が未来の失敗体験をつくる」という相反するように見える物事をつなぐ

「過去の成功体験が未来の成功体験をつくる」という言葉は、いかに組織変革においてスモールウィン(小さな成功)が重要であるかを意味しています。なぜ人は行動できないのか。それは、行動すればスモールウィンを実感できる(かもしれない)という期待につながる成功体験を、これまで十分に積み重ねることができていないからだと考えることができます。誰しも、これまで成功したことがないことに挑戦するのは怖いと思うのが自然で

問題解決の議論を固有名詞レベルに落とし込む

現場の問題解決の議論は、基本的に「固有名詞」レベルに落とし込むことが重要です。 どんな現場の事例にも当事者である◯◯さんがいるわけで、その◯◯さんには◯◯さんの性格や価値観、考え方があり、それは他の人と同じではありません。このことが意味するのは、固有名詞レベルで行わない問題解決の議論は、極端な話、当事者の「個性」を無視した議論になってしまいかねないということです。言い換えれば、一般化できないその個

© 2013 by Kazuhiro Sato