• 佐藤 和弘

北陸大学医療保健学部の双方向型オンライン授業で講義しました

Updated: Nov 2, 2021


北陸大学医療保健学部の双方向型オンライン授業で講義しました。テーマは「専門性を深める」ことと「専門性をつなげる」ことへの学び。


臨床検査技師と臨床工学技士のダブルライセンスの取得を目指す学生の方々に、生涯にわたり使えるであろう最も重要かつ普遍的なノンテクニカルスキルを渡した後は、これから医療現場というムラ社会の住民になるうえで、極めて重要な4つの提言をお伝えしました。


シングルライセンスを取得するだけでも大変であるのに、ダブルライセンスを取得するのは相当な努力が必要になるはずです。一方で、その努力が報われるためには、実際にムラ社会で暮らし始める前に、その構造や非公式の掟などを理解しておくことが非常に重要になります。


「最善の答えは、理想論とリアリズムの間にある」


理想論だけでは綺麗事で終わってしまう。けれど、リアリズムだけでは希望が持てない。だからこそ大事なことは、その「塩梅」を見極めることです。したがって、ムラ社会のリアリズムを紹介しながらも、テクノロジーを中心に不確実性の高い非連続的な環境変化が起こるなかで、新時代の「担当者」として希望を見出してもらえるよう、メッセージをお伝えしました。

Recent Posts

See All

現在、ノンテクニカルスキルの双方向型オンラインセミナーをシリーズで構想しています。 2W1Hなどの基本的な個別スキルだけでなく、問題解決の六大大陸や人材マネジメントの全体像、組織変革と空気のマネジメント、双方向型オンライン研修の方法など、さまざまなテーマをご用意しようと考えています。 基本的に、院内研修(組織学習)の場合は、「大事なことに順番を決める」、つまり組織で反復練習するために、個別スキルの

先日は、諏訪中央病院の新入職員合同オリエンテーションで講演しました。オンラインでの講演でした。諏訪中央病院では、昨年の医療安全研修でも2度講演しています。 ノンテクニカルスキルの基本(2W1Hなど)について簡単にお伝えした後は、問題解決シート(2W1H)の考え方に関する参考例をお伝えし、実際に2W1Hを使った検討セッション、そして2W1Hを活用した事例紹介セッションを実施、ノンテクニカルスキルを体