• 佐藤 和弘

医療の世界では、これまでも、そしてこれからもPDCAのP(プラン)が極めて重要

患者さんの命をあずかる医療の世界では、これまでも、そしてこれからもPDCAのP(プラン)が極めて重要です。だから、より正しいプラン(行動の計画)を立てるための問題解決の六大大陸を完全踏破する必要があるのです。しかも個人ではなく組織で。

これは、リアル×シリアスの世界の典型である医療の宿命といっても過言ではありません。

医療におけるプランの重要性は、明確に文字化して紙になる予定です。 *********************************************** (以下、引用)

企業としての信頼回復が課題となるなか、まず製品をつくり問題があればその時点でやめるのではなく問題の先手を打つように経営のかじ取りを修正したと訴えた。

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO50194180V20C19A9MM8000?fbclid=IwAR212fXpIt2hdEcWoWsPncTaZZYrDTVY5Txu-POoOZqvlmqzpbvQATBn3fY

Recent Posts

See All

「誰から学ぶのか?」から脱却するための自己紹介の定番のセリフ

講演で自己紹介を終える際に、定番と言ってもいいセリフがあります。それは、「僕が誰かというのは重要じゃなくて・・・」というセリフです。 たしかに、一般的に教育において、「誰から学ぶのか?」という視点は大事です。ただ、僕が提供しているノンテクニカルスキルの組織学習において大事なことは、あくまでも「誰と学ぶのか?」であり「何を学ぶのか?」であり「どのように学ぶのか?」です。 なぜならば、当然ながら現場の

組織の2:6:2の法則は個性のマネジメント

変革リーダーが自ら迷子にならないための羅針盤である組織の2:6:2の法則。僕はこれらを推進派、慎重派、抵抗派と呼んでいますが、このように分けると、ともすると善し悪しでとらえてしまうかもしれません。しかし、組織の2:6:2の法則は、善し悪しではなく、「人は本来弱い生き物である」という前提で使わなければ、リーダー自身が迷子にならないための羅針盤でありながら、その羅針盤を使うことによって迷子になってしま