• 佐藤 和弘

医療の世界では、これまでも、そしてこれからもPDCAのP(プラン)が極めて重要

患者さんの命をあずかる医療の世界では、これまでも、そしてこれからもPDCAのP(プラン)が極めて重要です。だから、より正しいプラン(行動の計画)を立てるための問題解決の六大大陸を完全踏破する必要があるのです。しかも個人ではなく組織で。

これは、リアル×シリアスの世界の典型である医療の宿命といっても過言ではありません。

医療におけるプランの重要性は、明確に文字化して紙になる予定です。 *********************************************** (以下、引用)

企業としての信頼回復が課題となるなか、まず製品をつくり問題があればその時点でやめるのではなく問題の先手を打つように経営のかじ取りを修正したと訴えた。

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO50194180V20C19A9MM8000?fbclid=IwAR212fXpIt2hdEcWoWsPncTaZZYrDTVY5Txu-POoOZqvlmqzpbvQATBn3fY

Recent Posts

See All

有事のリーダーシップと「成功体験と習慣化」

平時の制度は有事には通用しない。だが、平時に制度化されたことには、そうすることが良いと判断した成功体験があったからであるから、制度を変えることに対して、組織の人たちからの不安や反発があることは、容易に想像がつく。 さらに、制度は「行動の仕組み化」であるので、制度によって長年の行動が習慣化されてしまうと、頭ではわかっていても、行動変容することが難しくなってしまう。 平時にはマネジメントが、有事にはリ

有事の中の平時にいるリーダーの、有事標準のリーダーシップ

有事の状況であっても、それが実際に自分たちの半径5メートルの中に入ってこない限り、行動すべきことはそれほど大きく変わらない。それは、平時の状況の時から「基本」と言われてきたことを、ただ粛々を行動し続けることである。 だから、もし組織の人たちが相当な「異常」な行動を取らざるを得なくなった時には、すでに半径5メートルの中に有事が入り込んでしまっていることを意味する。 有事と一言で言っても、「戦争」体験

© 2013 by Kazuhiro Sato