top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

問題を先送りすれば、その痛みは終局に集中する

75年前の有事から学ぶべき重要な教訓は、「問題を先送りすれば、その痛みは終局に集中する」ということ。


日本人死者は、310万人(軍人・軍属が230万人、民間人が80万人)に達し、その9割が1944年以降の戦争末期に集中して亡くなったと推算されており、東京大空襲、沖縄戦、広島や長崎への原子爆弾投下は、いずれも1945年に起こっている。


有事は始めないこと。終えることを考えて始めること。始めたら終えるために尽くすこと。


サンクコスト(犠牲者への負債)がサンクコストを生む悲劇の連鎖を止めることの大切さを、声なき声が教えてくれる。

Recent Posts

See All

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル39

【「日常の物事に例える力」 複雑な出来事をわかりやすく伝えるためには、日常の物事に例えてみる。普段から触れる機会の多い日常の物事は体感的に理解しているため、その体感的な理解を通じて、相手が複雑な出来事を理解しやすくなる。これは言わば、わかりやすく伝えるための「翻訳作業」。おすすめなのは以下の3つ。 ①「料理」に例えてみる (例)食材にあたるのが知識、調理の腕にあたるのが考える力 ②「乗り物」に例え

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル38

「生成AIの本質的価値と情理」 現場の問題解決において、生成AIを用いる本質的な価値は、人間のように自然な会話ができることでも、膨大な知識を基に論理的な文章を瞬時に生成できることでもなく、何か困った事態になったら「生成AIのせいにできる」ことにあると考えることができる。ある問題解決の議論において特定のスタッフにとって都合が悪い内容に触れざるを得ない場合も、「これは私の意見ではなくて、あくまでも生成

ワンフレーズ・ノンテクニカルスキル37

「半径5メートルのプレゼンテーションスキルとあの手この手力」 プレゼンテーションスキルとは、講演や発表といった特別な舞台だけでなく、現場業務という日常の舞台においても重要になるスキルである。プレゼンテーションスキルを現場の半径5メートルの視点で考えた場合、ある説明に関して、難しい内容を日常の出来事でわかりやすく表現し直してみる力(例える力)や、相手との共通点を押さえたうえで、その文脈を通じて伝えた

Kommentare


bottom of page