• 佐藤 和弘

問題解決の議論を固有名詞レベルに落とし込む

Updated: Nov 2, 2021

現場の問題解決の議論は、基本的に「固有名詞」レベルに落とし込むことが重要です。


どんな現場の事例にも当事者である◯◯さんがいるわけで、その◯◯さんには◯◯さんの性格や価値観、考え方があり、それは他の人と同じではありません。このことが意味するのは、固有名詞レベルで行わない問題解決の議論は、極端な話、当事者の「個性」を無視した議論になってしまいかねないということです。言い換えれば、一般化できないその個性にこそ、現場の半径5メートルのリアルが含まれています。


もちろん、問題解決の「型」を持つためには、一般化(抽象化)する組織能力も必要ですし、便宜的に「患者さん」や「スタッフ」といった名称を用いて議論することもあるでしょう。しかし、それに加えて個別化(具体化)する組織能力もなければ、「結局、誰の話をしているのか?」があいまいなままの議論になってしまいかねません。


現場の問題解決には当然ながらエビデンスが大切ですが、同時にエピソードも大切です。当事者の◯◯さんの性格や価値観、考え方など、本人の個性が垣間見えるエピソードにこそ、問題解決の議論を現場の半径5メートルに留め続ける力があります。


したがって、「患者さん」や「スタッフ」ではない、他の誰でもない◯◯さんのエピソードをもとにした現場のリアルに迫るために、問題解決の議論を固有名詞レベルに落とし込んでいくことが重要なのです。

Recent Posts

See All

リーダーが「あっちに行きましょう!」と旅の道筋を示した時、スタッフのフォロワーシップで大切なのは「一旦だまされたと思ってついて行ってみる」ことだと言えます。 結局、何が正しいかは実際にやってみなければわからないというのは、多くの人が納得することではないかと思います。「これはいける!」と思ったことが上手くいかなかったと思えば、「これは無理だろう・・・」と思ったことが案外上手くいったり。 もちろん、だ

立場(地位や職位、権限)によらずに誰かを動かす時、その人はリーダーでありリーダーシップを発揮していることになりますが、それ以前に、そもそも自分自身をリードしている(自分に対してリーダーシップを発揮している)と考えることもできます。このように、 「リーダーシップは自分自身に向けることから始まる」 ととらえると、自らが行動するモチベーションを維持するために「安心感の醸成」が大切になります。 そして、そ

組織変革と空気のマネジメントの観点から言えば、ヨソ者の本質的な価値は「餅は餅屋」の専門性にあるのではなく、ムラ(組織)の住民ではないこと、つまりヨソ者であること自体にあります。 たとえリーダーであっても、同じムラの住民ですから、日々の暮らしの中でのさまざまな交流を通じて、他の住民(スタッフ)との関係性が出来上がっています。 もちろん、信頼されている、仲が良いといった関係性だけを見ると良いことのよう