• 佐藤 和弘

問題解決の議論を固有名詞レベルに落とし込む

Updated: Nov 2, 2021

現場の問題解決の議論は、基本的に「固有名詞」レベルに落とし込むことが重要です。


どんな現場の事例にも当事者である◯◯さんがいるわけで、その◯◯さんには◯◯さんの性格や価値観、考え方があり、それは他の人と同じではありません。このことが意味するのは、固有名詞レベルで行わない問題解決の議論は、極端な話、当事者の「個性」を無視した議論になってしまいかねないということです。言い換えれば、一般化できないその個性にこそ、現場の半径5メートルのリアルが含まれています。


もちろん、問題解決の「型」を持つためには、一般化(抽象化)する組織能力も必要ですし、便宜的に「患者さん」や「スタッフ」といった名称を用いて議論することもあるでしょう。しかし、それに加えて個別化(具体化)する組織能力もなければ、「結局、誰の話をしているのか?」があいまいなままの議論になってしまいかねません。


現場の問題解決には当然ながらエビデンスが大切ですが、同時にエピソードも大切です。当事者の◯◯さんの性格や価値観、考え方など、本人の個性が垣間見えるエピソードにこそ、問題解決の議論を現場の半径5メートルに留め続ける力があります。


したがって、「患者さん」や「スタッフ」ではない、他の誰でもない◯◯さんのエピソードをもとにした現場のリアルに迫るために、問題解決の議論を固有名詞レベルに落とし込んでいくことが重要なのです。

Recent Posts

See All

メタバースという流行り言葉の背景には、「非現実世界(バーチャル)を現実世界(リアル)に近づけていきたい」という、人間の自然な欲求があるように思います。 あくまでも、僕らが日々生活しているのは、今この瞬間も目の前に見えている現実世界であり、いかにこの現実世界を心身ともに豊かに過ごすかは、誰しもが関心を持つことだと言えます。 その上で、テクノロジーの進化によって、従来の文字や音声の世界から、画像や動画

「問題を正しく解決するよりも、正しい問題を解決することが大事」 もちろん、「問題を正しく解決する」ことも「正しい問題を解決する」ことも、両方大事です。ただ、正しい問題において間違った対策を実行すれば「解決できなかった」だけで終わるかもしれませんが、間違った問題を正しく解決しようとしてしまうと、本当の問題が解決しないだけでなく、それによって別の問題が起こってしまうかもしれません。その意味では、上記の

昨今、「パーパス(経営)」といった言葉が流行っています。「存在意義」と訳されることもあるパーパスですが、これは本来は「目的」という意味になります。経営単位であれ個別業務単位であれ、ある活動は目的を実現するための手段ですから、「何のためにその活動を行うのか?」という目的を押さえることは、これまでも、そしてこれからも重要であり、本来は普遍的なことです。 では、なぜ、このような整理をしたのかというと、と