• 佐藤 和弘

問題解決の議論を固有名詞レベルに落とし込む

Updated: Nov 2

現場の問題解決の議論は、基本的に「固有名詞」レベルに落とし込むことが重要です。


どんな現場の事例にも当事者である◯◯さんがいるわけで、その◯◯さんには◯◯さんの性格や価値観、考え方があり、それは他の人と同じではありません。このことが意味するのは、固有名詞レベルで行わない問題解決の議論は、極端な話、当事者の「個性」を無視した議論になってしまいかねないということです。言い換えれば、一般化できないその個性にこそ、現場の半径5メートルのリアルが含まれています。


もちろん、問題解決の「型」を持つためには、一般化(抽象化)する組織能力も必要ですし、便宜的に「患者さん」や「スタッフ」といった名称を用いて議論することもあるでしょう。しかし、それに加えて個別化(具体化)する組織能力もなければ、「結局、誰の話をしているのか?」があいまいなままの議論になってしまいかねません。


現場の問題解決には当然ながらエビデンスが大切ですが、同時にエピソードも大切です。当事者の◯◯さんの性格や価値観、考え方など、本人の個性が垣間見えるエピソードにこそ、問題解決の議論を現場の半径5メートルに留め続ける力があります。


したがって、「患者さん」や「スタッフ」ではない、他の誰でもない◯◯さんのエピソードをもとにした現場のリアルに迫るために、問題解決の議論を固有名詞レベルに落とし込んでいくことが重要なのです。

Recent Posts

See All

「誰から学ぶのか?」から脱却するための自己紹介の定番のセリフ

講演で自己紹介を終える際に、定番と言ってもいいセリフがあります。それは、「僕が誰かというのは重要じゃなくて・・・」というセリフです。 たしかに、一般的に教育において、「誰から学ぶのか?」という視点は大事です。ただ、僕が提供しているノンテクニカルスキルの組織学習において大事なことは、あくまでも「誰と学ぶのか?」であり「何を学ぶのか?」であり「どのように学ぶのか?」です。 なぜならば、当然ながら現場の

組織の2:6:2の法則は個性のマネジメント

変革リーダーが自ら迷子にならないための羅針盤である組織の2:6:2の法則。僕はこれらを推進派、慎重派、抵抗派と呼んでいますが、このように分けると、ともすると善し悪しでとらえてしまうかもしれません。しかし、組織の2:6:2の法則は、善し悪しではなく、「人は本来弱い生き物である」という前提で使わなければ、リーダー自身が迷子にならないための羅針盤でありながら、その羅針盤を使うことによって迷子になってしま