top of page
  • Writer's picture佐藤 和弘

問題解決の議論を固有名詞レベルに落とし込む

Updated: Nov 2, 2021

現場の問題解決の議論は、基本的に「固有名詞」レベルに落とし込むことが重要です。


どんな現場の事例にも当事者である◯◯さんがいるわけで、その◯◯さんには◯◯さんの性格や価値観、考え方があり、それは他の人と同じではありません。このことが意味するのは、固有名詞レベルで行わない問題解決の議論は、極端な話、当事者の「個性」を無視した議論になってしまいかねないということです。言い換えれば、一般化できないその個性にこそ、現場の半径5メートルのリアルが含まれています。


もちろん、問題解決の「型」を持つためには、一般化(抽象化)する組織能力も必要ですし、便宜的に「患者さん」や「スタッフ」といった名称を用いて議論することもあるでしょう。しかし、それに加えて個別化(具体化)する組織能力もなければ、「結局、誰の話をしているのか?」があいまいなままの議論になってしまいかねません。


現場の問題解決には当然ながらエビデンスが大切ですが、同時にエピソードも大切です。当事者の◯◯さんの性格や価値観、考え方など、本人の個性が垣間見えるエピソードにこそ、問題解決の議論を現場の半径5メートルに留め続ける力があります。


したがって、「患者さん」や「スタッフ」ではない、他の誰でもない◯◯さんのエピソードをもとにした現場のリアルに迫るために、問題解決の議論を固有名詞レベルに落とし込んでいくことが重要なのです。

Recent Posts

See All

スタッフとの信頼関係を大切にしながらも、その信頼関係にこだわりすぎない

同じムラ(組織)で生活をともにする以上、スタッフ間での信頼関係は大切です。誰しも毎日を穏やかに過ごしたいでしょうから、「この人は私を裏切らない」「この人は私をわかってくれている」「この人なら心を許せる」といった信頼関係のあるスタッフと一緒に毎日の業務を行いたいはずです。 ただ、同じムラの住民でも、特に組織変革を担うリーダーの立場だと、この信頼関係というのは悩ましいジレンマだと言えます。というのも、

もし、組織全体で学べる(使える)フレームワークがたった1つだけだったら、どのフレームワークを選びますか?

「もし、組織全体で学べる(使える)フレームワークがたった1つだけだったら、どのフレームワークを選びますか?」 個人学習と組織学習は異なる世界です。個人学習であれば自分の意思で時間を確保し自由に学びを進めることができますが、組織学習となると、スタッフ一人ひとりの時間を確保し足並みを揃えて学びを進めなければなりません。 そのような状況のなかで、あれもこれも学ぼうとすると、どれもこれも身につかないという

エスカレーター問題から考える公式の掟と非公式の掟のパワーバランス

いつも空気のマネジメントの文脈で取り上げるエスカレーター問題。エスカレーターは「両側立ち止まる」「歩かない」というのが公式の掟(ルール)であるにも関わらず、片側を(歩く人のために)開けなければならないという非公式の掟(空気)が支配しているがゆえに、公式の掟を守っている人の方が、後ろから歩いてくる人に急かされたり、嫌な顔をされたりと、肩身の狭い思いをするといったことが起こってしまいかねません。 組織

bottom of page