• 佐藤 和弘

国立病院機構中国四国グループの複数の施設の新人看護師長の方々を対象とした、双方向型オンライン研修で講演

Updated: Nov 2, 2021


国立病院機構中国四国グループの複数の施設の新人看護師長の方々を対象とした、双方向型オンライン研修で講演しました。テーマは「看護マネジメントにおける課題解決に向けて~withコロナ時代の人材育成・労務管理・経営改善等~」。


問題解決の六大大陸において、教科書的に最も重要なのはもちろん【目的】の大陸ですが、様々な有事の問題解決において共通して押さえておくべき【目的】とは、「有事(非連続)の変化に適応する」ことです。


非連続的で不確実性が高く、誰も正解を持ち合わせていない状況が有事です。だからこそ、過去の有事から教訓を学びながらも、初めて遭遇する有事の変化に適応するための最善解を導き出していく。これは、実際の有事が現場の半径5メートルに近づいてくるほど難しくなるでしょう。しかし、現場医療者の方々が、患者さんや自分たち自身を守りながら、抗えない有事を乗り切るためには、様々なシナリオを想定しながら、正解のない【あるべき姿】を描いていかなければなりません。


今回ともに学び合った皆さんであれば、きっと現場で有事のリーダーシップを発揮していき、患者さんやご自身たちを守り、この有事を乗り切ることができるでしょう。


僕も、社会が感謝の気持ちで現場医療者の方々に貢献しているように、組織変革屋としてノンテクニカルスキルをギフトとしてお渡しすることで貢献していきます。

Recent Posts

See All

先日は、玉名市包括支援センター主催のオンライン研修「チームを動かすノンテクニカルスキル研修」で講演しました。 全2回のシリーズで、第1回の今回のテーマは「最強の問題解決の技術」。 メインはもちろん問題解決プランを作成し学び合うセッションなのですが、一般論として、このようなセッションを通じて実感してもらいたいことは、やはり「共通言語」の大切さについてです。 例えば2W1Hが共通言語になっている議論(

先日は、北陸大学医療保健学部の科目「地域チーム論」において、「チーム医療に必要なノンテクニカルスキル」というテーマで講義しました。対象は臨床検査技師・臨床工学技士のダブルライセンス取得を目指す大学4年生で、講師はオンラインでの講義でした。 一般論として、医療者が現場のリアリズムを特に実感するタイミングはいくつかあるのでしょうか。例えば、現場スタッフ(プレーヤー)から管理者(マネジャー)になったタイ

現在、ノンテクニカルスキルの双方向型オンラインセミナーをシリーズで構想しています。 2W1Hなどの基本的な個別スキルだけでなく、問題解決の六大大陸や人材マネジメントの全体像、組織変革と空気のマネジメント、双方向型オンライン研修の方法など、さまざまなテーマをご用意しようと考えています。 基本的に、院内研修(組織学習)の場合は、「大事なことに順番を決める」、つまり組織で反復練習するために、個別スキルの