• 佐藤 和弘

国立病院機構中国四国グループの複数の施設の新人看護師長の方々を対象とした、双方向型オンライン研修で講演


国立病院機構中国四国グループの複数の施設の新人看護師長の方々を対象とした、双方向型オンライン研修で講演しました。テーマは「看護マネジメントにおける課題解決に向けて~withコロナ時代の人材育成・労務管理・経営改善等~」。


問題解決の六大大陸において、教科書的に最も重要なのはもちろん【目的】の大陸ですが、様々な有事の問題解決において共通して押さえておくべき【目的】とは、「有事(非連続)の変化に適応する」ことです。


非連続的で不確実性が高く、誰も正解を持ち合わせていない状況が有事です。だからこそ、過去の有事から教訓を学びながらも、初めて遭遇する有事の変化に適応するための最善解を導き出していく。これは、実際の有事が現場の半径5メートルに近づいてくるほど難しくなるでしょう。しかし、現場医療者の方々が、患者さんや自分たち自身を守りながら、抗えない有事を乗り切るためには、様々なシナリオを想定しながら、正解のない【あるべき姿】を描いていかなければなりません。


今回ともに学び合った皆さんであれば、きっと現場で有事のリーダーシップを発揮していき、患者さんやご自身たちを守り、この有事を乗り切ることができるでしょう。


僕も、社会が感謝の気持ちで現場医療者の方々に貢献しているように、組織変革屋としてノンテクニカルスキルをギフトとしてお渡しすることで貢献していきます。

Recent Posts

See All

「過去の成功体験が未来の成功体験をつくる」「過去の成功体験が未来の失敗体験をつくる」という相反するように見える物事をつなぐ

「過去の成功体験が未来の成功体験をつくる」という言葉は、いかに組織変革においてスモールウィン(小さな成功)が重要であるかを意味しています。なぜ人は行動できないのか。それは、行動すればスモールウィンを実感できる(かもしれない)という期待につながる成功体験を、これまで十分に積み重ねることができていないからだと考えることができます。誰しも、これまで成功したことがないことに挑戦するのは怖いと思うのが自然で

問題解決の議論を固有名詞レベルに落とし込む

現場の問題解決の議論は、基本的に「固有名詞」レベルに落とし込むことが重要です。 どんな現場の事例にも当事者である◯◯さんがいるわけで、その◯◯さんには◯◯さんの性格や価値観、考え方があり、それは他の人と同じではありません。このことが意味するのは、固有名詞レベルで行わない問題解決の議論は、極端な話、当事者の「個性」を無視した議論になってしまいかねないということです。言い換えれば、一般化できないその個

© 2013 by Kazuhiro Sato