• 佐藤 和弘

国立病院機構近畿グループ主催主任薬剤師スキルアップ研修で講演


国立病院機構機構は中国四国グループをはじめ、実に数多くのご縁がある。


今回は、問題解決の世界地図をもとに、六大大陸をめぐるバーチャル旅行を実施。バーチャルと言っても、それは概念からなる美しい世界ではなく、あくまでも現実世界を行動(映像)レベルで具体化した【現状】と【あるべき姿】の実践訓練と、そこから見えてくる本当の【問題】【原因】【対策】を、常に現実世界のイメージと往復運動することで考えていった。


「問題解決シートはあくまでも考えるための手段ですので、現実世界がイメージできていれば、書く必要はありません」

「常に、現実世界があって、(それを便宜的に表現するために)概念という文字があるのであって、その逆ではありません。手段の目的化や主従の逆転が起こらないようにしてください」


現実世界を共有するための方法は、文字・文章ではなく、「現地現物」「演技」「文明の利器」。したがって、当然ながら他のグループメンバーへの【現状】【あるべき姿】の共有も、概念ベースではなく演技ベースで行っていった。


「僕らがこれまで問題解決できなかったのは、概念で捉えていたからです」

「問題の大小に関わらず、すべての問題解決は誰かの『行動』によって実現する世界です。なので、行動(映像)レベルで表現できないものは実現できません」


最後は、本来ならば5時間は平気でかかる表の明るい森と裏の暗い森の話を少しだけ。実は、表と裏に深い深い森があることを知っているのと知らないのとでは雲泥の差だけに、ミドルリーダーのなかでの有意義な共通言語づくりの場になったはず。これから組織変革への長い長い旅が始まる。

Recent Posts

See All

先日は、玉名市包括支援センター主催のオンライン研修「チームを動かすノンテクニカルスキル研修」で講演しました。 全2回のシリーズで、第1回の今回のテーマは「最強の問題解決の技術」。 メインはもちろん問題解決プランを作成し学び合うセッションなのですが、一般論として、このようなセッションを通じて実感してもらいたいことは、やはり「共通言語」の大切さについてです。 例えば2W1Hが共通言語になっている議論(

先日は、北陸大学医療保健学部の科目「地域チーム論」において、「チーム医療に必要なノンテクニカルスキル」というテーマで講義しました。対象は臨床検査技師・臨床工学技士のダブルライセンス取得を目指す大学4年生で、講師はオンラインでの講義でした。 一般論として、医療者が現場のリアリズムを特に実感するタイミングはいくつかあるのでしょうか。例えば、現場スタッフ(プレーヤー)から管理者(マネジャー)になったタイ

現在、ノンテクニカルスキルの双方向型オンラインセミナーをシリーズで構想しています。 2W1Hなどの基本的な個別スキルだけでなく、問題解決の六大大陸や人材マネジメントの全体像、組織変革と空気のマネジメント、双方向型オンライン研修の方法など、さまざまなテーマをご用意しようと考えています。 基本的に、院内研修(組織学習)の場合は、「大事なことに順番を決める」、つまり組織で反復練習するために、個別スキルの