• 佐藤 和弘

地域連携 入退院と在宅支援1・2月号「理解する・議論する・調整する・伝える技術 ノンテクニカルスキルの実践」連載第13回


地域連携 入退院と在宅支援1・2月号「理解する・議論する・調整する・伝える技術 ノンテクニカルスキルの実践」連載第13回のテーマは、「論理的に考える技術」。


論理的に考えるということを「はっきりさせること」だととらえ、


1. 「分けて」考えることで物事をはっきりさせる

2. 「つなげて」考えることで物事をはっきりさせる

3. 「まとめて」考えることで物事をはっきりさせる

4. 「深めて」考えることで物事をはっきりさせる


ことに関して、これまで本連載で取り上げていなかった1〜3の技術を紹介しています。


論理的に考えるということは、言うは易く行うは難しの典型と言えます。しかし、特に有事のような不確実性の高く、さまざまな人たちの情理が渦巻く混沌とした状況である時にこそ、物事をはっきりさせる論理的に考える技術が大切になります。


そして、そのうえでとても大事なことが、「半径5メートル」の物事をはっきりさせることです。「自分が今、半径5メートルの景色をどのように変えるべきなのか?」をはっきりさせることこそ、論理的に考える技術の役立つ場面であると思います。

Recent Posts

See All

「過去の成功体験が未来の成功体験をつくる」「過去の成功体験が未来の失敗体験をつくる」という相反するように見える物事をつなぐ

「過去の成功体験が未来の成功体験をつくる」という言葉は、いかに組織変革においてスモールウィン(小さな成功)が重要であるかを意味しています。なぜ人は行動できないのか。それは、行動すればスモールウィンを実感できる(かもしれない)という期待につながる成功体験を、これまで十分に積み重ねることができていないからだと考えることができます。誰しも、これまで成功したことがないことに挑戦するのは怖いと思うのが自然で

問題解決の議論を固有名詞レベルに落とし込む

現場の問題解決の議論は、基本的に「固有名詞」レベルに落とし込むことが重要です。 どんな現場の事例にも当事者である◯◯さんがいるわけで、その◯◯さんには◯◯さんの性格や価値観、考え方があり、それは他の人と同じではありません。このことが意味するのは、固有名詞レベルで行わない問題解決の議論は、極端な話、当事者の「個性」を無視した議論になってしまいかねないということです。言い換えれば、一般化できないその個