• 佐藤 和弘

地域連携 入退院と在宅支援11・12月号「理解する・議論する・調整する・伝える技術 ノンテクニカルスキルの実践」連載第12回


地域連携 入退院と在宅支援11・12月号「理解する・議論する・調整する・伝える技術 ノンテクニカルスキルの実践」連載第12回のテーマは「交渉の考え方と性弱説に基づく合理と情理の世界」。連載を始めて2年が経ちました。

人は弱い生き物であるという前提に立てば、抵抗派や推進派への見方が変わるはずです。だからこそ、性弱説に基づいて組織の2:6:2の法則を理解することが大切になります。 ********************************************** 抵抗派は,「このままでいい」「変わりたくない」「新しいことをやりたくない」といったように,現状に満足しているため,変わることを恐れる弱さを持っていると言えるのです。だから,自分は変わることが怖いので,そうならないで済むように,程度の差はあれ他者を批判することによって自分の身を守ろうとしています。このような抵抗派の行動も,性弱説に基づけば理解することができますし,それは単純な「良い人悪い人」の話ではないことも分かるはずです。  それに対し推進派は,より積極的にあるべき姿と現状のギャップを埋めるために行動する,「強くあろうとする人たち」です。人は皆弱いけれど,強い覚悟と意志で自らを動かす推進派の行動もまた,単純な「良い人悪い人」の話ではないのです。

Recent Posts

See All

「過去の成功体験が未来の成功体験をつくる」「過去の成功体験が未来の失敗体験をつくる」という相反するように見える物事をつなぐ

「過去の成功体験が未来の成功体験をつくる」という言葉は、いかに組織変革においてスモールウィン(小さな成功)が重要であるかを意味しています。なぜ人は行動できないのか。それは、行動すればスモールウィンを実感できる(かもしれない)という期待につながる成功体験を、これまで十分に積み重ねることができていないからだと考えることができます。誰しも、これまで成功したことがないことに挑戦するのは怖いと思うのが自然で

問題解決の議論を固有名詞レベルに落とし込む

現場の問題解決の議論は、基本的に「固有名詞」レベルに落とし込むことが重要です。 どんな現場の事例にも当事者である◯◯さんがいるわけで、その◯◯さんには◯◯さんの性格や価値観、考え方があり、それは他の人と同じではありません。このことが意味するのは、固有名詞レベルで行わない問題解決の議論は、極端な話、当事者の「個性」を無視した議論になってしまいかねないということです。言い換えれば、一般化できないその個

© 2013 by Kazuhiro Sato