• 佐藤 和弘

変革リーダーの「新しい経営学」の学びどころ

専門分野 ↓つながらない × 目的

ならば、 目的別 ↓深める 専門分野

のほうが理にかなっているのにも関わらず、これまでなぜか誰も?疑わなかった経営学を再構築した次世代MBAの入門書。ですので、旧来の学ぶ順番で挫折してしまう前に、あらゆる医療のトップ〜ミドルクラスのリーダーにお勧めします。医療ではこれからも経営教育は壊滅的でしょうから、独学するのが現実解です。

一方で、組織変革を推し進める変革リーダーにとって、実は1番学んでほしいのが、P256の「共通言語」のページです。組織の自壊の論理が「言葉が乱れる(言葉が揃わない)」ことだということ、現場の問題の本質が「言葉がズレている」ことだということの意味が、このたった1ページでわかります。


新しい経営学 https://www.amazon.co.jp/dp/4799325558/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_8coJDbGQ7XHPT

Recent Posts

See All

有事のリーダーシップと「成功体験と習慣化」

平時の制度は有事には通用しない。だが、平時に制度化されたことには、そうすることが良いと判断した成功体験があったからであるから、制度を変えることに対して、組織の人たちからの不安や反発があることは、容易に想像がつく。 さらに、制度は「行動の仕組み化」であるので、制度によって長年の行動が習慣化されてしまうと、頭ではわかっていても、行動変容することが難しくなってしまう。 平時にはマネジメントが、有事にはリ

有事の中の平時にいるリーダーの、有事標準のリーダーシップ

有事の状況であっても、それが実際に自分たちの半径5メートルの中に入ってこない限り、行動すべきことはそれほど大きく変わらない。それは、平時の状況の時から「基本」と言われてきたことを、ただ粛々を行動し続けることである。 だから、もし組織の人たちが相当な「異常」な行動を取らざるを得なくなった時には、すでに半径5メートルの中に有事が入り込んでしまっていることを意味する。 有事と一言で言っても、「戦争」体験